主題歌はどうなる!?

写真拡大

 1970年代に一世を風靡(ふうび)した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画化され、誕生から45年を経て復活することが発表された。新作となる『劇場版 マジンガーZ』(仮題)を制作するのは、東映アニメーション。プロジェクトの詳細や公開日は明かされていない。

 週刊少年ジャンプに連載された永井による漫画を原作とする「マジンガーZ」テレビシリーズは、1972年〜1974年に放送され、最高視聴率30.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した大ヒットアニメ。その後もヨーロッパ、中南米など世界中に普及し、日本のアニメ文化を代表する作品として知られている。

 同作は、さまざまな攻撃と圧倒的な強さを誇るスーパーロボット・マジンガーZの存在感と主人公・兜甲児(かぶとこうじ)をはじめとする個性的なキャラクターたちが多くの人を魅了しただけでなく、合体・乗り込み型巨大ロボットアニメの元祖として各国のSFロボットアクションに影響を与えてきた。また、水木一郎が歌った主題歌も「ゼェーット!」コールと共に人気を博し、アニソン界の名曲として歌い継がれている。

 関連アニメは『マジンガーZ』(1973)、『マジンガーZ対デビルマン』(1973)、『マジンガーZ対ドクターヘル』(1974)、『マジンガーZ対暗黒大将軍』(1974)と4度の劇場上映を遂げているが、この度の映画化はおよそ43年ぶり。いまなお熱狂的な支持を受ける同作の復活に、ファンは胸をおどらせることだろう。(編集部・小山美咲)