【モデル初期か末期か】新車を買うタイミングはいつがいい?

写真拡大 (全7枚)

モデルサイクルを通じてのメリット・デメリットを考える

なんだかんだ言っても一度は乗ってみたいもの、それは新車ではないだろうか? 大体国産車だとモデルサイクルは5年前後となるが、果たしてどのタイミングで購入するのがベストだろうか。今回は購入タイミング別のメリットとデメリットを探ってみたい。

/祁深崚仂貭掌

新型車が登場した直後に購入する最大のメリットは、まだその車種がそれほど路上を走っていない段階で乗り出せるということだろう。車種にもよるだろうが、クルマ好きの熱い視線を集めること請け合いだ。

また、モデルライフが進むことによって不人気な色や装備などがどんどん切り落とされる可能性がある。組み合わせによっては「幻の仕様」を作り上げることも可能となるかもしれない。

一方のデメリットは、発売直後ということで値引きが渋いことだろう。発売直後は需要も高いため、ディーラー側としても大幅な値引きをしなくても売れる時期。なかなか好条件を引き出すのは難しいだろう。

また、初期モノにはマイナートラブルが発生する可能性がある。もちろんリコールやサービスキャンペーンなどで無償修理となるだろうが、ディーラーへクルマを運ぶなどの手間が発生する可能性も。

モデル末期に近づくほど商品としてのネガな要素は改善される傾向

▲泪ぅ福璽船Д鵐幻

新型車が登場してある程度の時間が経つと販売台数も落ち着いてくる。その頃に行われるのが、マイナーチェンジだ。このタイミングであれば、市場の反応などを鑑みた商品改良が行われ、ネガな部分もだいぶ解消されていることだろう。また、車種によってはフルモデルチェンジに近いような大幅な変更がなされることもあり、所有欲を満たすこともできるはずだ。

しかし、車種によってはグレードやエンジンラインアップの整理が行われることも。初期モデルでは存在した装備がなくなって、選ぶことができなくなってしまう可能性もある。また、マイナーチェンジで見た目が変化したことで好みのルックスでなくなってしまう恐れもあるだろう。また、ある程度拡大していた値引き額も、このタイミングで再び渋くなる。

モデル末期

そろそろフルモデルチェンジの噂が出てくるようなタイミングであれば、その車種は熟成の域に達しているはず。販売台数もだいぶ落ち着いている時期のため、テコ入れのためにお買い得で装備充実な特別仕様車が設定されることもあるだろう。また、モデル末期ともなれば、値引額も大きくなる。ディーラーとしても新型が登場したタイミングで旧型の在庫持っていたくはないため、平均以上の値引きをゲットできる可能性もある。

デメリットといえば、モデル末期ということで新型車が登場した場合、一気に旧モデルとなってしまう点だろう。旧モデルとなってしまうと手放すときの下取り価格の面でも不利になることが予想される。また、街中でも結構な台数を見かけることになるだろうから、新車を買ったという満足感が減少してしまう恐れも。

と、いろいろ書いてきたが、結局どのタイミングで購入してもメリットもデメリットも存在するということだ。つまり、新車を買うベストのタイミングは「欲しいと思ったとき」なのである。