イ・ボヨン&イ・サンユン&クォン・ユル&パク・セヨン、新ドラマ「耳打ち」の主要キャストに確定

写真拡大

パク・ギョンス脚本家とイ・ミョンウ監督の期待作「耳打ち」がキャスティングを終え、2月1日にクランクインする。

3月に韓国で放送されるSBS月火ドラマ「耳打ち」は「パンチ」、「黄金の帝国」、「追跡者 THE CHASER」を手掛けたパク・ギョンス脚本家と「パンチ」、「君たちは包囲された!」、「ファッション王」のイ・ミョンウ監督の次期作で、二人は「パンチ」を通じて完璧な息を合わせたことから「論理的で緊張感溢れる」と視聴者たちから賛辞を受けた。

「耳打ち」は法律会社テベクを舞台に、法律家たちの上品な姿の裏に隠された真実と、その中で繰り広げられるイ・ドンジュンとシン・ヨンジュの“人間的な恋”を描く。

「耳打ち」にはイ・ミョンウ監督の洞察力で、最高の俳優たちがキャスティングされた。まず「君の声が聞こえる」「神の贈り物」のイ・ボヨンと「空港に行く道」「2度目の二十歳」のイ・サンユンが合流する。

スマートで優しいイメージで全年齢層から人気があるイ・ボヨンと、感性的な演技で女性ファンたちから絶対的な支持を受けているイ・サンユンは、2013年に視聴率47.6%を記録した「いとしのソヨン」で既に夫婦役として共演し、完璧で美しいケミ(相手との相性) を披露した。

ここに忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞) が認定する俳優クォン・ユルとパク・セヨンも主要キャストとして合流し、ドラマに味を与える。

さらに、ベテラン演技派俳優たちも多く出演する。キム・ガプス、キム・ホンパ、カン・シニル、キム・ヘスク、キム・チャンファン、イ・ギョンジン、キム・ソラ、ムン・ヒギョン、キム・ヒョンムクなど韓国のベテラン中堅俳優たちが存在感のある役割を務めて劇の重心を取り、ユン・ジュヒ、チョ・ソンユン、キム・ルェハ、チョ・ダルファン、イ・ヒョンジン、ホ・ジェホ、チョン・イヨンなど若いエネルギーで劇に活力を与える。

「パンチ」のパク・ギョンス脚本家とイ・ミョンウ監督のぴったりの息、イ・ボヨンとイ・サンユンなど韓国を代表する俳優たちのキャスティングで放送前から話題になっている「耳打ち」は、権力のベースキャンプである法律会社テベクで繰り広げられる、権力者との戦争と、その中で生じる“人間的な恋”を描いた作品だ。

韓国で3月中に放送される予定だ。