新食感が楽しめる「スイーツ親方監修 スプーンで食べる甘酒」「スイーツ親方監修 スプーンで食べる甘酒(しょうが)」(各税抜148円)

写真拡大

カマボコやチクワなどの練り製品を製造・販売する一正蒲鉾株式会社から、角界きっての甘党美食家で、「スイーツ親方」とも呼ばれる芝田山親方(第62代横綱大乃国) が監修した「スイーツ親方監修 スプーンで食べる甘酒」「スイーツ親方監修 スプーンで食べる甘酒(しょうが)」(各税抜148円)が、2月22日(水)から全国のスーパーやオンラインサイトで発売される。

大のスイーツ好きとしてテレビにも出演する芝田山親方(第62代横綱 大乃国)監修の「スイーツ親方監修 スプーンで食べる甘酒」

「スイーツ親方監修 スプーンで食べる甘酒」は、酒粕と米麹の甘酒をほどよくブレンドして寒天などで固めたもの。見た目は豆腐のようで、口に入れると甘酒の甘味が口いっぱいに広がる。「スイーツ親方監修 スプーンで食べる甘酒(しょうが)」は、ショウガの風味がアクセントとなって甘酒の味わいをより引き立ててくれる。

甘酒は、食物繊維や糖分が整腸作用やカゼ予防、美肌に効果があるとされて近年注目されている。トッピングを工夫して食べ方を自分でアレンジしながら新食感の甘酒で、おししくキレイになろう。【東京ウォーカー】