三菱自動車がeKワゴンなど3車種を一部改良して発売

写真拡大 (全4枚)

装備を充実するなど商品力をアップ

三菱自動車はミニキャブ・ミーブ バン、eKワゴン、eKカスタムの3車種に一部改良を施して2017年1月26日に発売した。

電気自動車の軽商用モデル、ミニキャブ・ミーブ バンは展開してきたグレードを見直すとともに一部改良を施している。

グレード展開については、バッテリー容量の大きいCD 16.0kWhにハイルーフの2シーター、4シーター、そしてCD 10.5kWhはハイルーフの4シーターの3グレード展開とし、標準ルーフ車および10.5kWhの2シーターモデルを廃止した。

追加機能としては、充電中にエアコン等が使用可能となる空調機能を追加し、それに合わせてリモコンキーにプレ空調スイッチを追加。寒冷地仕様を標準装備として、運転席&助手席シートヒーターを全車に標準装備。さらに要望が多かったという運転席、助手席のパワーウインドウを採用。満充電時の回生ブレーキ力の低下をお知らせする回生ブレーキ力警告灯も新たに採用している。

価格は176万9040円(CD 10.5kWh 4シーター)から215万280円(CD 16.0kWh 4シーター)となる。エコカー補助金は、11万5000円から17万6000円である。

軽トールワゴンのeKカスタム、eKワゴンはボディカラーを見直し、eKカスタムにはライトニングブルーマイカ、eKワゴンはコーラルピンクマイカを新たに設定。ターボエンジンを搭載したT Safety Package車には、高速道路などでペダル操作の負担を軽減できるクルーズコントロールを採用。eKワゴンのエントリーグレードのEでは、リヤドア、リヤクォーター、テールゲートのガラスをプライバシーガラスに変更した。

eKカスタムは129万1680円から165万8880円、eKワゴンは103万1400円から153万7920円となる。