写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●バックアップから復元まで、基本の使い方
パラゴンソフトウェアは、Mac OS XのHDD全体を簡単にバックアップできる「Paragon Hard Disk Manager for Mac」(以下、HDMと略記)をリリースした。標準価格はダウンロード版が5,400円(税込)、パッケージ版が9,180円(税込)で、パッケージ版ではボリュームライセンスもある。

システム要求などは、特に厳しいものはない。詳細は、パラゴンソフトウェアのWebサイトを参照してほしい。HDMは、すでにWindows版で長い歴史を持っており、高い評価を得ている。そのMac版がいよいよ登場したというところだ。主な機能であるが、以下の通りである。

・Mac OS 10.12:Sierra対応
・Macのシステム全体をまるごとバックアップ
・OS XまたはBoot Camp環境のWindowsを選択してパーティション単位のバックアップ
・増分バックアップ
・既存のデータを消さずにパーティションのサイズ変更
・Boot Camp環境のパーティション比率の変更
・ハードディスク/SSDの複製(コピー)
・ハードディスク/SSDの抹消機能
・P2P、P2V(仮想化)機能
・対応しているバックアップ先:内蔵ドライブ、外付けドライブ(USB、FireWire、Thunderbolt)やネットワークドライブ
・BMB(Boot Media Builder)

起動可能なUSBメモリや外付けハードディスクを作成するのが、BMBである。リカバリなどの作業で使用する。本稿では、一部のHDMの機能の一部を紹介したい。マイアカウントの作成やインストールは、マニュアルの通りに行ってほしい。

○BMBでブートメディアの作成

まず、やっておきたいのはブートメディアの作成である。復元やHDDから起動できなくった場合などに使用する。USBメモリを接続し、メニューの[ウィザード]から[ブートメディアの作成]を選ぶ。

接続されているUSBメモリが表示されるので、それを選び[ブートメディアの作成]をクリックする。

作成の前に、抹消の確認が行われる。

[消去]をクリックし、ブートメディアの作成が行われる。

ブートメディアの作成が完了すると、再起動の確認がでる。

ブートメディアから、正しく起動できるか確認しておこう(もちろん、後でもよい)。起動音が鳴っているあいだに[Option]キーを押す。ブートメニューが表示されるので、HDM Recoveryを選ぶ。

起動すると、OS XユーティリティにHDMがある。

復元などは、ここからHDMを起動して行う。

○バックアップの作成

では、バックアップを作成してみよう。まず、HDMを起動し、図2で上にある[バックアップと復元]を選ぶ。

[バックアップ]をクリックすると、バックアップ元の選択となる。下のディスクは、バックアップデータ用の外付けHDDである。

OSの含まれる領域が自動で認識されている。ここにチェックを入れるとバックアップ対象になる。

ここでは、Mac OS XとBoot Campの両方を選択したが、どちらか一方でも可能である。選択された領域は黄色で囲まれる。Boot Campの場合は、すべての領域を選択する(下のHDDをクリックすると全選択になる)。[続行]をクリックすると、バックアップの設定となる。

保存先、圧縮レベルなどを設定すればよいだろう。[バックアップ]をクリックするとバックアップが始まる。

図14では、Boot Camp領域が処理されている。バックアップが完了すると、図15となる。

[閉じる]のクリックで図10に戻る。

バックアップの履歴が追加されている。

○復元もカンタン!

復元は、バックアップイメージを選択し[イメージの復元]を選ぶ。

次いで、復元方法を選ぶ。

ブートメディアから復元する場合、[復元先を指定]を選ぶことになるだろう。[続行]で、復元するパーティションを選択する。

ここでも、選択したパーティションが黄色で囲まれる。あとは[続行]のクリックで復元が開始される。

●Mac OS XとBoot Campのパーティションサイズを変更する
○Mac OS XとBoot Campのパーティションサイズを変更する

Boot CampはIntel MacにWindowsをインストールする仕組みである。Windowsのインストールには、Boot Campアシスタントを使う。その作業の途中で、Windows用のパーティションを作成する。こうして作成したBoot Campのパーティションは、その後、Mac OS Xの標準機能では変更することはできない。

HDMでは、その機能が搭載されている(実は、パラゴンソフトウェアでは、この機能だけを持った単体のユーティリティをリリースしていた)。実際にやってみよう。図2を見てほしい。Windows、つまりBoot Campに割り当てた領域の空き容量がやや少ない。一方で、Mac OS Xでは、余裕がある。そこで、Mac OS Xのパーティションを縮小し、Boot Campを拡大してみたい。さらに、その作業では、リカバリ領域の移動をしなければならない。

では、最初にMac OS Xのパーティションを縮小する。パーティションを選び、右クリックするとメニューが表示される。

ここで[パーティションの移動/サイズ変更]を選ぶ。3つのスライダーがあるダイアログが表示される。

後ろに空き領域を作るので、まず、パーティションのサイズを50GB減らす。減らした分の50GBを後方の未割り当て領域とする。次いで、リカバリ領域である。こちらは、パーティションを移動して、未割り当て領域を後方に移動させる。

この2つの操作で、図23のようになる。

最後の操作として、Boot Campパーティションを拡大する。

パーティションサイズを100GBから150GBにする。以上で、必要な操作が整った。変更後ののHDDの構成は図25のようになる。

図23と同様、これらの操作は保留されている。右上に赤丸で、保留されている操作と数が表示されている。[保留中の操作]をクリックすると、操作が一覧で表示される。

この時点でも、取り消しは可能である。パーティション操作を行うのであれば、[適用]をクリックする。パーティション操作が開始される。

赤字で警告があるように、これらのパーティション操作はかなり負荷の高いものとなる。他の作業はしないほうがよいだろう。図28で完了である。

ディスクユーティリティで、Boot Campのパーティションを表示したのが、図29である。

Boot Campのパーティションサイズが、150GBになっていることがわかる。このあたりは、まさにHDMならではの機能といえるだろう。

実は、この操作であるが、もっと簡単に行うことができる。図3のウィザードから[空き領域の移動]を選ぶ。空き領域の移動ウィザードが起動する。

HDDのパーティションマップが表示される。画面にあるように左側、つまりMac OSのパーティションを選ぶ。

[続行]をクリックし、次の画面で、スライダーを使い、サイズを変更する。

最後に[リサイズ]をクリックする。警告が表示され、図25と同じように保留中の操作が1つ追加される。

あとは、図26以降と同じく、[適用]でパーティション操作を実行すればよい。上述したパーティション操作と同じことが、ウィザード形式で行える。パーティション操作などに詳しくないユーザーにも、安全・簡単にパーティション操作を行うことができる。このあたりもHDMの魅力といえるだろう。

本稿では紹介できなかったが、ファイル・データの完全抹消機能も、時宜にかなった機能である。マイナンバーなどの個人情報は、法律により完全な削除が求められている。しかし、ゴミ箱から削除した程度では、完全には消えていない。このように、マイナンバー対策にも使える。

法人ユーザー向けには評価版が用意されている。興味を持たれたのであれば、是非、試してほしい。

(c-bou)