若きビジネスリーダーたちに質の高い情報を提供することを自身の役割とするビジネスメディア「BUSINESS INSIDER JAPAN」。同メディアより日々の仕事を支援する情報やユニークなビジネスアイデアを転載してご紹介します。


人間の脳に"デジタルレイヤー(digital layer)"を加えるビジョンをイーロン・マスク(Elon Musk)氏はまだ諦めていない。

TeslaとSpaceXのCEOイーロン・マスク氏は、去年6月のVox Media's Code Conferenceで初めて提唱した概念「ニューラル・レース(neural lace)」についての発表を来月行うかもしれないと25日水曜日の午前中にツイートした。

ニューラル・レースは、人間の脳とコンピューターを繋ぐシステムだとマスク氏は説明している。「人間とロボットとの共存」を可能にするものになるかもしれない。ニューラル・レースは人間が人工知能の「飼い猫」にならないようにしてくれるだろうと彼は語る。

「飼い猫になるのは好きじゃない。しかし、何か解決策があるだろうか? 脳にAIレイヤーを加えることが最も良い解決策だと思う。AIレイヤーは脳内に共生してうまく機能するだろう」と彼は6月に述べている。




たぶん来月かな。


2015年、マスク氏とY Combinatorのサム・アルトマン(Sam Altman)氏は、NPO「OpenAI」を設立した。人類にもっとも利益をもたらす方法で、AIを推進することがその目的だ。

ニューラル・レースは、このOpenAIの目的と合致しているようだ。ニューラル・レースについてマスク氏は8月に「順調だ」と語っているが、詳細はもう少し待つ必要がある。


Elon Musk may be gearing up for his strangest announcement yet on artificial intelligence|BUSINESS INSIDER JAPAN

Danielle Muoio(訳:Satoru Sasozaki)
Photo by Flickr