キム・カーダシアンはタレントや女優、モデルなど様々な分野で活躍中/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

昨年10月、キム・カーダシアンがパリで強盗被害に遭い、浴室に監禁されて約10億円相当の金品を盗まれたことが大きく報道された。その時に盗まれた宝石がテロリストグループの資金になっている怖れがあるとRadar Onlineは伝えている。

【写真を見る】盗まれた約5億円の婚約指輪をはめていたキム・カーダシアン/写真:SPLASH/アフロ

同サイトによれば、10月3日にパリのホテルから盗まれたキム所有のダイヤモンドの数々が、イスラム過激派と繋がりのある違法ブローカーたちの手に渡っていることを国際刑事警察機構は突き止めたという。

キムのダイヤモンドは、盗難宝石を売買しているベルギーのブラックマーケットで売却された可能性が高いそうで、「キム・カーダシアンが所有していたダイヤモンドは、テロリストグループの資産になった恐れがある」と関係者は証言しているそうだ。

キムが昨年盗まれた宝石は、約350万ポンド(約5億円)のロレイン・シュワルツの20カラット・ダイヤがついた婚約指輪と、524万ポンド(約7億5000万円)相当の宝石が入ったジュエリー・ボックスだったと言われている。【UK在住/MIKAKO】