牛肉の刺身。タイの屋台では生の牛や豚に生の内臓と血を混ぜたサラダもある

写真拡大

 肉の刺身、レバ刺しなどが公に食べられなくなって久しい日本。東南アジアの親日国タイではまだまだ生肉料理は健在だ。日本からの旅行者や出張者の中にはわざわざ日本人経営の焼肉店を訪れて、レバ刺しを食いだめして帰国していく人もいる。

 タイは在住日本人がおよそ7万人にもおよび、日本人向けに特化したサービスでもビジネスとして成り立つ。特に飲食はタイ人による和食ブームもあって、石を投げれば和食店に当たるほど乱立している。

 中でも、日本人男性に人気なのは肉料理だ。常に暑く、ただ立っているだけでも体力を消耗してしまうような国なので、肉を食べて力をつけようという本能的なところもあるかと思う。

 そのため、焼肉店、やきとり店が多く、たくさんの日本人男性で賑わう。

 こういった肉料理店には生肉料理が多種ある。やきとり店ではとり刺し、とりユッケなどがあるし、焼肉店では牛刺し、レバ刺しもある。値が張るけれども馬刺しを置いている和食店も増えてきた。

 魚介類の刺身も合わせればほとんどの和食店で生ものがある。これだけ身近に生肉が食べられるバンコクだが、日本でも危険性が取り沙汰された生肉である。当然タイだからといって安全なのではなく、むしろリスクが高いのが現実だ。

◆在タイ和食店経営者も警告する生肉食

 生肉料理が食べられる店も多いタイだが、ある和食店経営者は次のように警告する。

「やっぱり気温。鮮度が落ちやすいので、食あたりする可能性は日本よりもずっと高いです。日本人が管理しても難しいくらいですから、生肉の扱いをほとんど理解していないタイ人経営店は気をつけた方がいい」

 日本で問題になったときもやはり食中毒が第一だった。管理方法を知っているプロであっても扱いは難しい。それが生肉料理に慣れていないタイ人調理師やオーナーでは不安はある。さらに、牛肉以外であれば肝炎やカンピロバクターなども危険だ。タイ人調理師にもプロ意識を持つ人も少なくないが、もはや「プロ意識」の問題ではないのである。そして、レベルが低い調理人の数も当然、少なくない。

 例えば、先日話をしたタイ人オーナーの和食店に勤めるタイ人調理師は寿司も握れると豪語していた。

「日本料理は簡単。寿司なんて魚を切ってご飯に乗せるだけ。こんなにシンプルな料理はないです。しかも高く売れるんだから、これから開くなら和食店ですね」

 寿司がなんたるかを語れるほど筆者は寿司を食べ慣れていないが、それでもわかる。寿司はただ握ればいいものではない。日本料理経験者でさえこの程度のレベルもいるのだ。

◆飲食店は衛生的になったがやはり気温が……

 日本の物流会社からタイに派遣されてきた日本人男性はまだ28歳という若さで、元気もありあまっている。毎晩飲みに出かけ、休日はゴルフに旅行にと飛び回っている。そんな彼でさえも「さすがにタイで生肉料理は食べません。日本人経営の店でも食べたことはありません」と気をつけている。

 タイ在住15年の日本人男性38歳は以前よりもずっとタイの飲食店が衛生的になり、安心して食事ができるようになったと絶賛しながらも生肉料理には気軽に手を出さない。

「私が生肉を食べるのは日本人経営の店だけ。あと、11月から2月の乾季で涼しい時期だけですね。それ以外は食べません」

 タイも性能のいい冷蔵庫は普通にあるが、気温が高いためドアの開閉で冷気が逃げやすく、日本ほど長く食材の鮮度を保てない。そしてタイは雨期に入るとサウナのように高温多湿になる。雑菌の栄養も豊富になり、より生ものの危険度は増す。

 日本での会話で「食中毒になった」という内容はあまりないが、タイを始め東南アジアではよく聞く話題だ。食中毒経験者がみな「一度経験すると警戒心が強くなる」と口を揃える。筆者の周囲でも経験者はやはり生の料理を警戒するか避けるし、未経験者はあまり気にせず口に入れてしまう。タイでは衛生観念が日本と違うので、屋台であろうが高級店であろうが厨房の衛生レベルに実は大きな違いはない。そのため、食中毒に遭うか遭わないかは運に左右される部分もある。最近のタイでは聞かなくなったが、以前は飲みものに入っている氷で当たってしまうということもあった。