澎湖の人気スポット「双心(ダブルハート)石滬」

写真拡大

(澎湖 26日 中央社)離島・澎湖を徒歩で旅行中の日本人男性が道に迷っていたところ、巡回中の警察官に助けられる出来事があった。男性は何度も感謝を口にしていたという。

馬公分局によると、男性は北海道出身。澎湖は地理環境などが故郷と似ていると聞いていたため、23日に船で澎湖にやって来た。中国語が分からず、簡単な英単語のみで現地の人とやり取りをしていたという。

馬公分局の警察官は道に迷っている男性に声を掛け、個人旅行で澎湖を旅していることを知ると、パトロール車に男性を乗せ、宿泊先に送り届けた。また、宿泊先からは島内の観光情報に関する日本語パンフレットが男性に提供されたという。

(編集:名切千絵)