セカシューの現実を見るために

写真拡大

セカシューという言葉があります。日本だけではなく、世界で就職活動を試みる意味で使われています。海外旅行で訪れた国の空気が気に入ったから、得意の外国語を活かした仕事につきたい、あるいは日本はもう経済的に成長しないから、新しいフロンティアで活躍したいといった思いはさまざまでしょう。それぞれの人ごとに、セカシューへの思いがあるといえるでしょう。

現実を見る必要も

ですが、セカシューは、その思いばかりが先行して、準備不足だったり、あるいは現実をきちっと直視していないケースもあります。そんなセカシューの現実を知るために良質な本が下川裕治による『日本を降りる若者たち』(講談社現代新書)です。著者は、もともとバックパッカースタイルの貧乏旅行をくりかえして、その様子をエッセイに多く記しています。著者は、有名な観光地を訪れることもしなければ、免税ショップでブランド品を買うことにも興味がありません。ゆるゆるとした旅を愛していたのです。

思い通りにはいかない

本書には、日本で生きづらさを感じ、海外へ希望を見出した人たちの様子が描かれています。ですがそこにあるものは、映画の仕事がしたいと思って海外へ旅立つも何のツテもなかったために何もせずに日本へ戻ってきてしまった人、現地の人間と同じ給料で働くだけの日本人や、海外の語学留学(ワーキングホリデー)に挫折して、東南アジアに流れ着いた人たちの姿が描かれています。さらに短期間日本で集中して働き、物価の安いタイで過ごす外こもりとよばれるスタイルも取り上げられています。海外へ行けばなんとかなると思ったが現実はそれほど甘くなかった、本書に描かれているのはそうした世界でしょう。
2007年に出版された本なので、すでに10年の歳月がたっていますが現在でも、リアリティをもって受け止めることができるでしょう。