リーダーのYOSHIKI率いるモンスターバンド

写真拡大

日本の人気ロックバンド「X JAPAN」を追ったドキュメンタリー映画「WE ARE X」の日本公開日が、3月3日(金)に決定。1月28日(土)から、劇場前売券が発売される。

【写真を見る】「X JAPAN」の封印された歴史を描くドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック氏が監督した本作。世界への挑戦、メンバー脱退、バンド解散、メンバーのHIDEとTAIJIの死やToshlの洗脳など、「X JAPAN」の結成30年以上の歴史が記録された。

2016年1月にアメリカのサンダンス映画祭で最優秀編集賞、同年3月にSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を、それぞれ受賞。既に世界20以上の映画祭に出品されて高い評価を獲得している映画が、ついに日本で公開される。

日本公開決定に併せて「日本版予告編映像」も公開。「X JAPAN」の新曲「La Venus」がテーマ曲として、日本版予告編にも使用されている。また、劇場前売券には特典として数量限定の「海外版ポスタークリアファイル」が付くことも発表。さらに、ロンドンで同日公開されることも決定した。

公開翌日の3月4日(土)に、イギリスのロックの殿堂ウェンブリー・アリーナ公演を控えている「X JAPAN」。日本が世界に誇る、“怪物”ロックバンドの軌跡を目に焼き付けよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】