坂上忍

写真拡大

26日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、大相撲の解説で出演した元小結・舞の海秀平の体たらくを坂上忍が一喝する場面があった。

番組では、稀勢の里の横綱昇進を特集した。スタジオには舞の海のほか、芸能界一の相撲通として知られる漫画家・やくみつる氏が出演し、19年ぶりとなった日本出身力士の横綱昇進について徹底解説していった。

特集では稀勢の里の昇進伝達式での向上が話題に。そこで坂上が「師匠とかからアドバイスされたりするんですか?」と尋ねると、舞の海が「大体師匠と相談すると思う」と回答。これに坂上が「でも稀勢の里関は『自分で考えた』っておっしゃってましたもんね!」とツッコむと、舞の海は「あー、そうですね」と生返事。坂上が「あんた専門家で来てんだよ!」とツッコみ、笑いを誘った。

さらに横綱昇進の条件の話題では、稀勢の里の昇進が横審で満場一致だったかを問われた舞の海が、隣のやく氏に聞き始めてしまう。坂上が「ちょっと!舞の海さんそこ忘れちゃったの!?」と食いつくと、「昨日のことも忘れちゃうんですよ」と答え、スタジオで笑いが起きる。また、過去に満場一致でありながら、横審の反対で一度昇進が見送られた力士の話題では、その理由を問われ「なぜかとえーと、…なんでしたっけ?」とまたもやく氏に聞いてしまい、坂上に「舞の海さん旅番組やりすぎなんじゃないの!?」「本業!本業!」とダメ出しをくらった。

おまけに舞の海、角界OBでありながら稀勢の里とは交流がないと判明。坂上が「つくづく何しに来やがった!」と声をはりあげスタジオは大爆笑。さらにここで、交流がないにも関わらず「稀勢の里を横綱にする会」副会長を務めているとわかり「名前だけで…」とあっさり白状すると、さらなる笑いを誘った。

最後に坂上は、稀勢の里の横綱昇進をまじめに進行したかったとした上で、舞の海のせいで「面白くなっちゃったよ!」とツッコんでいた。