写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは1月26日、ハイレゾ対応の5インチスマートフォン「GRANBEAT」(型番:DP-CMX1)を発表した。発売は2月下旬。価格はオープンで、推定市場価格は84,800円前後。

GRANBEATは、オンキヨーが培ってきた高音質技術を惜しみなく投入したAndroidスマートフォン。1月に米ラスベガスで開催された「CES 2017」にて披露していたが、このたび日本での発売が正式にアナウンスされた。

ESSテクノロジーのDACチップ「SABRE ES9018C2M」とヘッドホンアンプ「SABRE 9601K」を2基ずつ用意、シンメトリーに配置することで高音質を実現している。ハイレゾファイルは、384kH/24bitまでのFLACやWAV、11.2MHzまでのDSD、MQAに対応。ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」からPCレスで音源を購入し、そのままダウンロードできる。

フルバランス駆動にこだわっており、スマートフォンとして世界で初めて(※)バランス接続に対応。3.5mm4極端子のほか2.5mm4極のバランス端子を設けている。Bluetoothのコーデックはapt-X HDをサポート。充電用のmicroUSB端子はデジタル出力との兼用になっている。
※オンキヨー調べ

内部構造としては、Android CPU基板とオーディオ(DAC/アンプ)基板を完全に分離し、クリーンな信号伝達を可能にした。なお、オーディオ基板には、高周波設計技術とオーディオ設計技術を組み合わせた「シールド技術」(特許出願中)を搭載。無線通信で発生するノイズからのシールド力を高める。また、オーディオ性能の強化をねらい、きょう体は無垢アルミニウムブロックの削り出しとしている。

音楽再生、曲送り、曲戻しなどのプレーヤー機能は、側面の物理ボタンでも操作可能。ボリュームノブは背面に配置し、61ステップで調節できる。HOLDキーをオンにすると、すべての画面操作、キー操作、受話動作が無効になり、誤操作を防ぐ。また、歌詞同期サービス「プチリリ」に対応しており、データベースにある曲であれば歌詞表示しながらの再生も可能だ。

スマートフォンなので、もちろんスピーカーやマイクも内蔵。カメラは、1,600万画素のメインカメラと800万画素のサブカメラを搭載する。SIMスロットはnano×2基を装備し、デュアルSIMスタンバイに対応。なお、開発には富士通コネクテッドテクノロジーズが協力しているという。

・OS: Android 6.0
・CPU: MSM8956 (ヘキサコア、1.8GHz+1.4GHz)
・内蔵メモリ: 3GB
・ストレージ: 128GB
・外部ストレージ: microSD(最大256GB)
・サイズ: W72×D11.9×H142.3mm
・重量: 約234g
・ディスプレイ: 約5.0インチIPSパネル(1,980×1,080ドット)
・アウトカメラ: 約1,600万画素
・インカメラ: 約800万画素
・バッテリー容量: 3,000mAh
・連続通話時間: 約22時間
・連続待受時間: 約480時間
・デザリング: 〇
・Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac
・Bluetooth: 4.1
・センサー: 加速度、ジャイロ、電子コンパス、近接、照度

(藤谷佳奈)