Facebook(FB)が同社のメッセンジャープラットフォームにおける広告表示を、タイとオーストラリアの少数ユーザーに対し、実験的に開始したことを明らかにしました。

メッセンジャーのホームスクリーンに広告表示

メッセンジャーで最近会話を交わしたユーザーのリストの下に、スポンサー広告が表示されるようになります。FBはこれについて、「友達の誕生日の通知や、現在オンライン中の友達を表示するのと同様の表示」としています。
 
広告をクリックしない限り広告ページへ飛ぶことはなく、友達との会話中に広告が表示されることもありません。ユーザーからのアクションがない限り、企業側がユーザーに勝手にメッセージを送信することもできません。

タイとオーストラリアで実験開始

またユーザーは、ドロップダウンメニューを使って特定の広告を非表示にすることができます。
 
広告表示の実験は、タイとオーストラリアの一部ユーザーを対象に行われます。
 
メッセンジャーを使って顧客にアクセスしたいという事業者の要望は以前からあり、FBによれば消費者と事業者との間でメッセンジャーによって交わされるメッセージの件数は、すでに毎月10億件以上にのぼるとのことです。
 
 
Source:Facebook
(lunatic)