対話型AIロボット

株式会社NTTドコモと株式会社ユピテルは26日、猫のぬいぐるみと一体化した対話型AIロボットを共同開発し、2017年中の提供を目指すと発表した。

 

今回の両社協業は、ユピテルの車載器やロボット型端末等に、ドコモのAI・IoT技術を活用し、共同で商品開発、サービス提供を行うという合意の元にスタート。

 

第一弾の対話型AIロボットには、NTTグループのAI技術「Corevo」の自然対話プラットフォーム技術を搭載し、人工知能による自然な対話が可能になる。顔認識機能も備え、ユーザーの顔を識別して、文脈や好みに合わせた会話、雑談が可能で、声色も変化させる。

 

システムは、無線LANでインターネット接続され、インターネットの検索結果、ニュースや天気などの情報などが会話によって提供される。ディスプレイは時刻表示などのホーム画面や会話内容をチャット形式で表示できる。

 

本体サイズ・重量は240×160×140mm・約330g、ディスプレイサイズは4インチ。

システム構成

発表資料

URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/notice/2017/01/26_00.html

2017/01/26