「キム課長」ナムグン・ミンが初登場…最初から普通ではないオーラ

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
武術の達人、使道から図々しい数字の神へ。ナムグン・ミンが両極端の魅力で強烈なオープニングを飾った。

韓国で25日に放送されたKBS 2TV「キム課長」第1話では、税務調査で警察署に行ったソンリョン(ナムグン・ミン) の姿が描かれた。

朝鮮時代、盗賊団を一掃しようと国から派遣した武術の達人である使道がソンリョンだった。ソンリョンは優れた武術の腕前で、この盗賊団を一掃することに成功したが、彼に与えられたのは賞ではなく、罰だった。会計不正がその理由。

現実に戻り、ソンリョンは警察沙汰になっていた。ソンリョンに関する自己紹介は数字で食べているというもの。税務調査で捕まったが、疑いが立証されず、解放されるソンリョンの姿が今後の展開に対する関心を集めた。