「君の名は。」韓国語吹き替え版の制作が決定!声優オーディションを開催

写真拡大

映画「君の名は。」(監督:新海誠) の韓国語吹き替え版の制作が確定した。

止まらない興行ブームで“ジャパニメーション”の世代交替を知らせた「君の名は。」が、観客の熱い希望の中、韓国語吹き替え版の制作を決めた。

また映画のクオリティを最大化させるため、大規模な声優オーディションを開催することが明かされ、さらに話題になっている。「君の名は。」は、夢の中で体が入れ替わった都市の少年・瀧と田舎の少女・三葉、出会ったことのない2人が作っていく奇跡と愛に関する物語だ。

主人公の瀧と三葉は少年から少女へ、少女から少年への細かい変化と繊細な感情演技が欠かせないキャラクターだ。日本では3人の巨匠監督である宮崎駿、細田守、新海誠に選ばれた、幅広い声優キャリアを持っている俳優・神木隆之介と、高い競争率のオーディションを通じて抜擢された上白石萌音が声優を務めた。

「君の名は。」の韓国語吹き替え版オーディションはベテラン声優を皮切りに新人、志願者を網羅するチャンスの場になる予定であり、オーディションの現場中継を通じて透明性を加える予定だ。具体的なオーディションの開催時期は今後告知され、「君の名は。」の韓国語吹き替え版の公開は、2017年の下半期になると予想される。