元2NE1のDARA、G-DRAGONとの“熱愛説”について釈明「あんな記事が出るとは…」

写真拡大

元2NE1のDARAがBIGBANGのG-DRAGONとの熱愛説に対して直接釈明した。

25日に韓国で放送されたJTBC「話す通りに」では、ソ・ジャンフン、DARA、イム・ギョンソン作家が出演した。

この日、ハハはDARAに「先日、G-DRAGONとのスキャンダルがあった。おめでとう」と話し、ユ・ヒヨルは「釈明してほしい」と話した。

これにDARAは「YGの広報理事としてBIGBANGのコンサートに参加し、会食にも行った。歩いてる時にG-DRAGONが『コンセプトだぞ』と話しながらそんな行動をしたが、あんな記事が出るとは予想もできなかった。事務所では『G-DRAGONにヘッドロックされたの』と言われた。屈辱を感じた」と釈明した。

そうするとユ・ヒヨルは「僕はそのような現場をたくさん経験したことがあるので分かる。何が何だか分からない」と話し、ハハは「デモの現場に参加したんだろう?」と聞き、笑いを誘った。

またユ・ヒヨルはDARAに「僕にとても会いたがっていたと聞いたが」と言うと、DARAは「私の親友でしょう。年末にCLとテレビ電話もしたが、優しく電話を受けてくれた」と答えた。

続いてハハは「CLとテレビ電話したのか。なぜ?」と聞くと、ユ・ヒヨルは「歌謡大賞に一緒に出演した」と話した。ハハは「お兄さんが歌謡大祭典のMCだったのもおかしかった。みっともなかった」と言い、笑いを誘った。