写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Android Oneで攻めるワイモバイル
ワイモバイルが開催した新製品・新サービス発表会の「Y!mobile 2017 Spring」で、ある大きな変化があった。それは新商品として披露されたスマホ2機種がAndroid Oneで統一されていたことだ。Android Oneのみとなった理由を探ると同社の戦略が鮮明になる。

○Android Oneとは

Android Oneはグーグルが端末メーカーと協力してスマートフォンを開発するプログラムのこと。もともと、インド、インドネシア、フィリピンなど低廉な価格の端末が普及しやすい新興国に向けたプログラムである。低廉な端末では、ソフトウェアアップデートが提供されないといった問題があり、それを解消するためにグーグルが2014年に始めたものだ。ただし、ソフトウェアアップデートを巡っては、日本も大差ないこともある。過去には、一度もメジャーアップデートを実施することなくサポートが終了してしまう端末もあった。

そうした中でAndorid Oneが日本に導入されたのが2016年だった。Nexusシリーズでグーグルとの結びつきを深めたワイモバイルが昨年7月にシャープ製のAndoroid One端末「507SH」を発売した。507SHでは少なくとも1回のメジャーアップデート、発売後最低2年間のセキュリティアップデートが保証される。期間はあるものの、ソフトウェアアップデートをの保証があるのがAndroid Oneのひとつの特徴であり、そこで涙をのんできたAndroidユーザーには、待望の端末といえるかもしれない。

Android Oneにおいて、もうひとつ特徴的なのは、余計なアプリケーションが少ないことである。S1でワイモバイル色を感じるのは、ヤフートップページへのアイコンくらいであり、ソフトウェアアップデートと端末のシンプルさが評価されて、Android One端末は好調なセールスを記録したようだ。端末スペックも、ハイエンドとは言えないまでも、防水・防塵ほか、ワンセグにも対応しており、日本向けの仕様を追加、ハードウェア的な側面からは特徴を出すこともできる。

そして、今回、ワイモバイルが発表したのは「S1」(シャープ製)、「S2」(京セラ製)の2機種のAndroid One端末のみ。将来的な端末ラインアップのあり方についても、「Android Oneに揃えていくことも、いろいろな意味でいいのではないか」(ソフトバンク Y!mobile事業推進本部執行役員本部長 寺尾洋幸氏)という。

もちろん"iPhoneを除いて"というのが実のところだろうが、寺尾氏が言う"Android Oneに揃えていくこともあり"という言葉には、ワイモバイルの戦略上の事情がありそうだ。

●ワイモバイルが目指す"シンプル"
○シンプルな商品とシンプルな説明

ワイモバイルの戦略はどのようなものか。それはシンプルな商品とシンプルな説明である。シンプルによって生み出される"わかりやすさ"を重視するのがワイモバイルの戦略だ。これまでもシンプルな料金プランで事業を展開してきたが、わかりやすい接客も求められているという。そこに合致したのがAndroid Oneというわけだ。

寺尾氏は「スマホ初心者、スマホデビューのお客さんにわかりやすい料金、わかりやすいサービス、わかりやすい端末を提供しないといけない。わかりやすく作るのが非常に重要」と"わかりやすさ"という言葉を何度も強調している。

その言葉の背景には、まだ説明のしづらさというものがあるわけで、販売の現場でも、いかにわかりやすく説明するかに腐心しているようだ。今回の新商品がAndroid Oneブランドとして統一され、なおかつ新製品を2端末としたのも、商品説明を行う上での"わかりやすさ"を最優先させたからにほかならない。

サービス・商品のわかりづらさは、接客時間の長時間化につながり、接客人員の増加など、人件費負担としても跳ね返ってくる。販売面の現状について寺尾氏は「ガラケーからの移行を望むお客さんが多く、そうした人にどうやってサービスや端末の魅力を伝えられるかに苦労している」と話す。

○ワイモバイルが重視するグーグルのプログラム

そこで、ワイモバイルが新たに導入したのが、「Android Ambassador」プログラムだ。同プログラムは、AndroidやAndroid端末、グーグルのサービスに精通したスタッフを「Android Ambassador」として認定する取り組みだ。認定を受けたスタッフが、きめ細やかな接客を行えるようにする。

消費者にとっては直接的なメリットが見えない取り組みだが、これはワイモバイルにとっては重要な意味をもちそうだ。ワイモバイル自体も接客マニュアルのようなものは用意しているが、寺尾氏は「Andoridについてベーシックなところで理解している人は少ない」「(プログラムの活用により)使い方を理解することで、詳細に伝えることができる」などとコメントしており、接客を強化したい考えのようだ。

○大手キャリアと対極を行くワイモバイル

Android One端末とAndroid Ambassadorプログラムでワイモバイルが目指すのは、料金プランのみならず、端末・サービスでもわかりやすさを追求していこうという姿勢だ。依然として、入り組んだ料金体系やキャンペーンを展開する傾向にある大手キャリアに対し、シンプルさとわかりやすさで攻めるワイモバイルは対極的な位置にいる。そうした価値観が広く受け入れられれば、「携帯電話のサービス=わかりづらい」という流れを変える存在になりえるかもしれない。

(大澤昌弘)