tv_20170126123721.jpg

写真拡大

国際オリンピック委員会(IOC)は25日(2017年1月)、北京五輪の陸上男子400mリレー決勝で優勝したジャマイカチームにドーピング違反があったとして失格を発表した。

IOCは2008年の北京五輪、2012年のロンドン五輪に採取したドーピング検体の再検査を進めており、ジャマイカチームの第1走者、ネスタ・カーター選手の検体を再検査したところ興奮作用のある禁止薬物「メチルヘキサアミン」が検出されたという。

ボルトらの金剥奪、日本の銅は銀に繰り上がる可能性

この結果、ジャマイカチームは失格となり、ウサイン・ボルト選手らの金メダルは剥奪され、2位にトリニダード・トバゴが1位の金メダル、3位の日本チームは銀メダルに繰り上げされる可能性が出てきた。

この結果の反応に戸惑った羽鳥慎一キャスターが「これで日本代表チームの銅が銀になるのはどうなの?」。日本チームは塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治が走っており、朝原選手は「過去にさかのぼって評価されるのは複雑ですね」(朝日新聞)と話しているという。

当該薬物、禁止されたのは北京五輪後の2010年説も

ところが、テレビ朝日ディレクターの玉川徹によると、「ちょっと聞いた話なんですが、この薬物が禁止されたのは2010年ということなので、2008年に遡って適用ということなんですかね〜?」と疑問を呈しており、まだ解せない部分が残っている。