全豪オープンで完全復活を印象付けているラファエル・ナダル(左)とロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

全豪OP準決進出…かつての“黄金カード”復活なるか

 テニスの全豪オープン男子シングルスで、レジェンドが完全復活を印象付けている。グランドスラム(GS)優勝17回を誇る世界ランク17位のロジャー・フェデラー(スイス)が準決勝に進出し、4位のスタン・ワウリンカ(スイス)と対決する一方で、GS優勝14回の同9位ラファエル・ナダル(スペイン)は4強でグレゴル・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦が決まった。

 昨季故障で後半戦欠場を発表した2人の名手は全盛期を彷彿させる強さを見せているが、テニス界の偉人はフェデラーとナダルという黄金カードの決勝戦が実現すれば、「グランドスラム史に残る試合」になると心待ちにしている。米スポーツ専門テレビ局ESPNが「ラファエル・ナダルの勝利は、オーストラリアに魔法が存在することを証明した」と特集している。

 ナダルは25日の準々決勝で世界ランク3位と26歳のミロシュ・ラオニッチをストレート勝ちで下した。一方、フェデラーは4回戦で5位の錦織圭(日清食品)とのフルセットの激闘を制し、5回戦では世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)を下したミシャ・ズベレフ(ドイツ)にストレート勝ちで復調ぶりを示している。

 記事によると、左膝の故障を乗り越えた35歳のフェデラー、左手首の故障から回復した30歳のナダル、そして、31歳のワウリンカという30歳以上の選手が4強に3人も残るグランドスラムは1968年の全仏オープン以来だという。

ナダルが優勝すれば歴代GS勝利2位…元世界1位「全豪OP史上最も重要な試合に」

 特集では、元世界ランク1位で解説者を務めているジョン・マッケンロー氏がフェデラーとナダルの復権を確信していると紹介。レジェンドが「正直なところ、彼らが決勝戦に進出しないとなれば、私には驚きだ」と語るほど、2人は強さを示している。

 一方、同じく元世界ランク1位のアンディ・ロディック氏はフェデラーとナダルという、かつての黄金カードが決勝で実現すれば、歴史的なファイナルになると太鼓判を押している。

「その試合がどれだけ歴史的な重要性を持つのか考えてみよう。(ナダルは)グランドスラム14回優勝。(フェデラーは)17回優勝だ。ラファが勝てば、(タイトルの数は)15対17になる。全仏オープンが迫っているし、そうなれば復活だ。文字通りにグランドスラム最多優勝に向けた試合になるだろうね」

 フェデラーのグランドスラム優勝17回が史上最多で、ナダルは現在ピート・サンプラス(アメリカ)と並ぶ2位タイ。決勝でフェデラーを撃破しての優勝で完全復活をアピールできれば、過去優勝9回という圧倒的な強さを誇る全仏オープンが5月に待っており、フェデラーのGS優勝17回の背中が見えてくる。

「もしも、ロジャーが勝てば、18対14だ。その組み合わせがすでに決まっているのかわからないが、そうなれば、オーストラリアオープン史上最も重要な試合になるはずだ。グランドスラム史上でも最も重要な試合となるかもしれないね」

 記事では、こう話しているロディック氏。テニス界を牽引してきた両雄のマッチアップは実現するのだろうか。