若者を中心に人気を集める4人組ボーカルグループ・GReeeeNの大ヒット曲『キセキ』の誕生秘話を描いた映画『キセキ -あの日のソビト-』で、メンバーのナビ役を務めた横浜流星さん。


(c)Nosh

劇中で歌うことが決まり、CDデビューすることになり、さらにはさいたまスーパーアリーナや音楽番組で生歌を披露など、もはや映画の枠を超えて“グリーンボーイズ”が話題沸騰!

撮影中もとても充実していたという横浜さんに、Noshが単独インタビューを行ってまいりました♡


(c)Nosh

Q:『キセキ -あの日のソビト-』の台本を読んだ感想から教えてください。

横浜流星(以下、横浜):僕自身、本当にGReeeeNさんが大好きだったので、「こんな実話があったんだ!」と、まずは感動しました。

Q:もともとお好きだったんですね!

横浜:そうなんです。言ってしまえば、本当にこの作品に出会えたことが“キセキ”だなと思っているんです。

ドラマ『ROOKIES』を見て『キセキ』という曲を聴いて、GReeeeNさんの存在を知りました。それから『塩、コショウ』というアルバムを買いました。

当時、ずーっと聴いていたので、この作品に出演できたことが本当にうれしかったです。

好きだからこそ、責任を持って演じないといけないと思いました。


出典:(C)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

Q:GReeeeNプロデューサーのJINさん(※劇中では松坂桃李さんが演じる)には、お会いになったんですよね?

横浜:はい!

Q:熱い思いのたけはぶつけましたか?

横浜:結構、語りました(笑)。「僕、アルバム買いました!」「ありがとう!」って言ってくださって。

劇中、ジンさんの部屋でクローゼットに入って、僕らグリーンボーイズ(菅田将暉さん、成田凌さん、杉野遥亮さん)が歌っているところがあるんですけど、本物の当時の映像も見せていただけたんです。

すごく皆さんが楽しそうで、その雰囲気が自分は大好きでした。


出典:(C)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

Q:実際、レコーディングのシーンはいかがでしたか?

横浜:自分がGReeeeNさんの一員を演じる中で『道』という歌を歌って、皆でレコーディングしたときは感慨深かったです。

歌っているときは魂を込めることしかできなかったので、あまり考えることはできませんでしたが、実際4人で声を合わせたときは皆で「すげえ!」と盛り上がって、鳥肌が立つくらい感動しました。

形になったことはすごくうれしかったです。


(c)Nosh

Q:現に、ステージでのライブシーンもありましたね。

横浜:緊張よりも楽しさが勝つような瞬間でした。

実際にステージに立って、お客さんがいて、すごく熱気あふれる応援をしてくれて。アーティストさんってこういう感じなのかなっていう感動もありました。

4人で「ひとつの曲をやっと披露できる日がきた」っていう楽しさやうれしさも大きくて、本当に楽しい撮影でした。

ライブ会場の一体感はすごく気持ちよかったです。(取材・文・写真:赤山恭子)


出典:(C)2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

前半のインタビューはここまで!

後半では、グリーンボーイズで行ったカラオケでの驚きエピソードや、「普通でいたい気持ち」について語ってもらいましたので、お楽しみに♡

映画『キセキ -あの日のソビト-』は1月28日(土)より、全国ロードショーです!

【関連記事】

※ 健太郎に直撃インタビュー!性の目覚めについて…赤裸々告白

※ 松本人志にインタビュー!「日本で一番面白くなりたいって思いは、ずっとある」

※ 「この作品に関われてよかった」と思う瞬間とは?古川雄輝に単独インタビュー

※ 阿部寛×大倉忠義×大島優子に直撃インタビュー!撮影中の「やばい」出来事とは?

※ 古川雄輝に単独インタビュー!ネタバレぎりぎり、最新作の愛について語る