VIXX ヒョギ、初の自作曲「抱きしめてあげる」公開…スペシャルクリップ映像にも注目

写真拡大

VIXXの末っ子ヒョギが初の自作曲「抱きしめてあげる」をサプライズ公開した。

VIXXのヒョクは25日、音楽専用のクラウドサービス「SoundCloud」を通じて自作曲「抱きしめてあげる」を公開した。ヒョギは2012年、ボーイズグループVIXXとしてデビューした後、初めて直接作詞と作曲を手がけた楽曲を披露し、ファンから注目を浴びた。

ヒョギ初の自作曲「抱きしめてあげる」は最初は誰かに愛されることに慣れず難しかったが、これからは自分が先に近づいて相手の全てを抱きしめてあげるという癒しのメッセージを込めている。「これから君だけの僕が/暖かい春になって/温かく抱きしめてあげる/いつもここで/君だけの歌になって/すべてを抱きしめてあげる」という一編の詩のような歌詞で温かい雰囲気を届けてくれる。

この曲はピアノとギターだけで構成されたアコースティックサウンドとヒョクの淡泊なボーカルが調和し、感性的な雰囲気を醸しだす。ピアノの演奏だけで始まるイントロは切ない雰囲気を与える。ここにギターの音が加わり、雰囲気が変わる後半部は楽曲の感情をさらに深める。

ヒョギは昨年11月に発売した「VIXX 2016 CONCEPTION Special Package〜KER〜」に収録されたスペシャルソング「Milky Way」を通じて作詞に参加し、話題を集めた。ファンに伝える真心を込めた甘い歌詞が印象的な楽曲で、発売と同時に音楽ランキングで1位を獲得した。今回は作詞のみならず、作曲まで手がけた初の自作曲でファンにサプライズプレゼントを与えた。

初の自作曲で新しい挑戦に乗り出したヒョギは「ファンの皆様が疲れた時、この曲を聞いて、少しでも頼りになったり、癒されたらよいと思う」とファンを思う気持ちを伝えると同時に「まだ足りない。これからもっと頑張る」と意気込んだ。

ヒョギが所属するグループVIXXは昨年大規模なプロジェクト「VIXX 2016 CONCEPTION」で精力的な活動を繰り広げ、ユニークなコンセプトアイドルとして安定した地位を獲得している。