TWICE&GFRIEND&LOVELYZら豪華競演「アイドル陸上大会」リズム体操競技に注目!全選手が涙のワケとは?

写真拡大 (全3枚)

MBC旧正月特集「2017 アイドルスター陸上・リズム体操・フットサル・アーチェリー選手権大会」(以下「アイドル陸上大会」) リズム体操種目にダークホース(一般にそれほど知られていないが能力のある人のこと) たちが大勢登場し、話題を集めている。

「アイドル陸上大会」は前回のシーズンに続き、2度目のリズム体操競技が開かれた中、昨年の優勝者である宇宙少女 ソンソを脅かすダークホースの登場で、予測不能な試合が繰り広げられた。

まず、リズム体操に挑戦状を叩きつけたGFRIENDのユジュは「アイドル陸上大会」の公式体育ドル(体育+アイドル) として、素晴らしい運動能力を誇った。特に、幼い頃フィギュアスケート選手を夢見ながら独学した柔軟さを武器に、完璧なステージを演出した。また、OH MY GIRLのユアも圧倒的な振付習得力で“ガールズグループ究極のダンサー”というニックネームにふさわしい腕前を見せた。

そこに心機一転して再出場するメンバーたちの実力も、驚くほど成長していた。前回の大会とは違う水球に挑戦し、短所は補って長所は最大限まで引き上げた。執念の練習王FIESTARのCao Luと体力を補強したLOVELYZのチョン・イェインは、新たな魅力をアピールする。また、前回のシーズンで強力な優勝候補だったが、ミスのため惜しくもメダルを逃したTWICEのミナは、成熟して余裕あふれる姿を見せ、ファンの視線を引きつけた。

並外れた実力で前回の大会で金メダルを獲得した宇宙少女のソンソには、水球の変化が大きなポイントとなった。前回の大会で、ボールで完璧な演技を見せたことに続き、今回の大会ではフラフープを選択したが、試合当日プレッシャーのため緊張を隠せない様子だった。結局試合の後、涙まで見せる。果たして優勝した喜びの涙なのか、それとも優勝を逃した惜しい涙なのか、多くのファンの期待を高めたリズム体操の結果は、放送を通じて確認できる。

試合の後、全選手たちが涙を流し、感動の現場となったリズム体操競技は、30日(月) 午後5時15分から韓国で放送される旧正月特集「2017 アイドル陸上大会」で公開される。