チョコビールをチョコグラスで乾杯

写真拡大

地ビールメーカーのサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は、チョコレート風味のビール「インペリアルチョコレートスタウト」と、食べられるチョコレート製グラスのセットを2017年2月1日から800セット限定で発売する。

「インペリアルチョコレートスタウト」は、高温焙煎した「チョコレート麦芽」を原料に使って、チョコレートの風味を表現したビール。すべての原料を、黒ビールの2.5倍以上使い、泡まで黒いビールに仕上がっている。アルコール度数も9%と高めで、赤ワインにも負けない濃厚な味わいで、飲み応えがある。

チョコグラスは、「現代の名工」にも選ばれたパティシエの柳正司さんオリジナルのもの。ビールと相性の良いカカオを厳選し、手作業で作られている。ビールを注いだときに漂う香り、口に含んだ時に鼻に抜ける香り、飲み終わった後の余韻まで、チョコレートの風味をしっかりと味わえる。

価格は直販ネットショップで2800円(税込、送料込)、そごう・タカシマヤの店頭では、2376円(税込)。