海外へ渡って8シーズン目を迎えた永里優季(1.FFCフランクフルト)は、今やなでしこジャパンを牽引する立場に立つ。常に"永里の妹"として注目され続けた亜紗乃は2015-16シーズンをもってケガのため、現役を引退した。この姉妹がなでしこジャパンとして同じピッチに立った時間はとても短い。しかし、それは2人にとってとても深く、何物にも代えがたい時間だったに違いない。サッカーという同じ道を選んだがゆえの苦悩も歓喜も、姉妹にしかわからない感情の数々があった。

――幼い頃から一番近くにいた存在だと思いますが、お互いが抱くそれぞれの人物像はどういったものでしょうか?

永里亜紗乃(以下、亜紗乃):私の性格からすると姉は一番嫌なところにいますね(笑)。私はむちゃくちゃストイックにはできないから、姉の姿を見て、それと同じことをしろって言われたら絶対に嫌! 姉は本当に小さいころからコツコツやるタイプなんです。

永里優季(以下、優季):そうだね。亜紗乃は小さいころから、すぐに私よりもなんでもできちゃうから、そういう部分では嫉妬もあったと思います。同じサッカーをやっていることで、危機感やプレッシャーを感じながらサッカーをやっていました。

亜紗乃 えー、別に全然何にもできてないから。

――こういうところ?

優季 そうそう(笑)。本人全然わかってないから。スルッとやっちゃうけど、それやるのって結構大変なんですけど! みたいな。とにかく発想力がすごかった。それを体現化するのもすごく早かった。しかもオリジナルで(笑)。

――今の亜紗乃さんはどう見えていますか?

優季 海外に行ったことで、人として成長できたのは大きいと思います。引退して何かを模索してる中でも、サッカーから離れたことでできる、楽しめることをやれているのかな。妹にとってのモチベーションっていうのが、やりたいこと、楽しいことプラス、私の力になりたいって思ってくれていることはすごく感じます。

――優季さんが先にドイツに渡って、奮闘しているところに妹が移籍してくるという形になりました。姉としてどう向き合いました?

優季 接し方を変えました。ほとんど話さなかったし、接点を持たなかったよね。

――亜紗乃談でいくと、自らの反抗期もあったということで(笑)、ドイツに行く前に初めてちゃんと話をして姉のサッカー観を知ったと言っていましたが、そうした期間は短かったということですか?

優季 長くはなかったかな。同じチームにいたのは半年だけでしたけど、妹に対して線引きはしないといけないと自分に言い聞かせていましたね。自分が海外に来たとき、誰も助けてくれる人がいなかったけど、それがよかったって思ったので。1人で何でもやらなきゃいけない。それがあったおかげでチームメイトともいい関係を作れました。どうしてもチームメイト内に同じ言語を話す人がいたら、そこに甘えちゃうし、私に聞けばなんとかなるってなっちゃうから。

亜紗乃 私がドイツに行く1年前くらいから、いろんな話をして、そこでなんとなく姉の気持ちはわかっていました。けど、最初は本当にびっくりというか......。「あ、本当にしゃべってくれないんだな」とは思った(笑)。寂しくなったこともありましたよ。でもがんばろうって思って。大事な緊急連絡とかはくれたし、ね?

優季 緊急だから(笑)。それしかしなかった。

亜紗乃 でも、週に1回ゴハンは食べてたっけ?

優季 最後の方ね。私の移籍が決まって、母が来たこともあって。

――姉としては苦労がわかっているだけにつらいですね。

優季 苦しいですよね。思わず手を貸したくなるようなことは何度もありました。貸しませんでしたけど。やり切った(笑)!

亜紗乃 それで成長できたと思う。

――姉の作戦がハマったということですね。

優季 私はそう思ってるんだけど。だって2シーズン目、楽だったでしょ?

亜紗乃 え? まあ(笑)。でも姉がいてくれるだけで助けられている部分はすごくあった。最初、英語もドイツ語もしゃべれないから、「何しに来たんだ!」ってスタッフに怒られたこともあったんです。

――でも最初は優季選手もドイツ語を話せませんでしたよね?

優季 全く(笑)。でも少し英語はわかったから。それでもチームメイトにはドイツ語でしゃべってくれって自分から言いました。行って2カ月後くらいには試合後のインタビューを受けさせられてましたから。

――ドイツ語を猛勉強してましたよね。でも、さすがに2カ月後じゃチンプンカンプンでしょ?

優季 もちろん(笑)。言われてることはわからないけど、言いたいことを言う(笑)。単語3つわかっていれば何とかいけちゃうから。そのうち予習していくようになる。試合の展開を予想して、点を獲ったらこんなことを言うだろうなとか、ね。何パターンか用意しておくんです。

――ですって。

亜紗乃 さすが!(笑)

優季 英語になっても同じ。カナダのワールドカップのときも、ある程度答えのパターンを考えて、何なら発声練習もするくらい。

亜紗乃 へー......。

――地道な努力が......。

優季 ただ完璧主義者なだけです!

――それはありますね(笑)。

亜紗乃 確かに(笑)。だって、学校時代に、そんなにクラス全員の名前を覚える必要ある?ってことあったからね。隣のクラスとかもですよ?

優季 紙に書いて覚えてた。ちなみに言えるだけでなく、漢字で全部書けたから。

亜紗乃 そのうち、学年飛び越して私の世代まで覚え出しました。いや、私ですらその人知らないからって話ですよ(笑)。

――もう趣味ですね。

優季 そう! これは趣味なんです(笑)。

――姉の背中を追い続けていた亜紗乃さんですが、あまり上昇志向が強い方ではなかったじゃないですか。そんな妹が「姉がいるからなでしこジャパンを目指す」と。変わりましたよね。

優季 うれしかったですね。でも、まだ力が足りないなっていうのもわかっていたから、もどかしい気持ちもあった。ドイツに行ってから初めてなでしこに招集されたのはアルガルベカップだよね? あの大コケしたとき(笑)。

亜紗乃 そう。派手にコケたのにノーオフサイドだったヤツね。2013年かな。

――ドイツのクラブに行く前の、一番最初に召集されたのは2009年のドイツ遠征でした。

亜紗乃 途中交代で少しだけ出ました。

優季 私、ボランチだった(笑)。

亜紗乃 あのときは相手が速すぎて......。交わった瞬間に相手がもう行っちゃってて、振り返りながら「無理!」って思ったもん(笑)。全然自分の力じゃ無理だなって思った。

優季 確かにあれは速すぎたね、ドイツ(笑)。

――実際になでしこで一緒に戦えるって実感した時期は?

優季 全然結果が出なかった2015年のアルガルベカップかな。初戦のデンマークに負けてるときに後半から亜紗乃が出てきて、めちゃくちゃやりやすくなったんです。守備面では特に。(亜紗乃は)1人で奪い切れちゃうから。

――選手として気を張っている自分がいるところに妹が入るというのは、どういう感情になるものですか?

優季 難しいな......。一番身近で応援してきた存在で、「代表を目指してほしい」「入ってほしい」と思ってきた。ワールドカップのメンバーに入って一緒にピッチに立ったとき(エクアドル戦)は選手としては見てなかったかな。完全に姉として妹を見てた。その方が苦しくない。一選手として見るのはやっぱりつらいものがありましたよね。それまでは、情を持って妹として見てしまえば楽なんだけど、自分も甘えちゃうからそこはしたくなかったっていう。

――このときはそれを許した?

優季 そう。この試合から。

亜紗乃 そんな気はしていました。だって試合中もやたら助けにくるなって思いましたもん(笑)。ディフェンスに入ってるときもすぐに挟みに来てくれたりとか、パスコースの近めにいたりとか。

優季 なるべく近くでフォローしなきゃって思ってたんだよ。

――その試合ですよね。亜紗乃さんが思い描いていたスルーパスを優季選手に出せたと言っていたのは。

優季 なんか体が勝手に反応してたって感じだったね。

亜紗乃 あのときはコンマ何秒かしかお姉ちゃんの姿見てない。すぐに(パスを)出したから。でも、小さい頃から私が先にパス出す感じだったよね?

優季 そうだね。

亜紗乃 私は「ここ空いてるでしょ」って思って先にパス出すから。お姉ちゃんは小さいころから足速かったし、これで行けるでしょって。

優季 いつもギリギリだったけどね。鬼パス......。

――でも亜紗乃さんはそうは思ってない、と。

亜紗乃 ですね。スタートが遅いんだよ、くらいかな(笑)。でも、これまでのサッカー人生でもあれだけのスルーパスは出したことはないかも。

優季 こっちもそのパスを狙っているから、そういう動き出しをするしね。

――エクアドル戦はすごく楽しかったんじゃないですか?

優季 楽しかった! 15分くらいだったけど。

亜紗乃 すぐ終わっちゃったもんね。

――これからどんどん一緒にプレーできると思っていた矢先、亜紗乃さんの引退ということになりました。姉としてはどの感情が一番大きかったですか?

優季 亜紗乃が、やっと楽になれるのかなって。膝の状態が悪い中、それでも復帰しようとしていたのを見ていたし、それでチームのスタッフとかとのコミュニケーションもうまくいってなかったりとか......。ただただつらい思いしかなかったから、ホッとしたっていうのが大きかったかな。無理にがんばれっていうことも言わなかったし......。

亜紗乃 ヤバい......泣きそう......。

優季 あははは(笑)。なんでなんで? そんなところあった?

――姉の気持ちが心に響いちゃったんです、きっと。

優季 引退しようって心に決めていたんだけど、私には怖くて言えなかったと思う。それを受け入れてくれるのかどうかっていうのは不安だったと思うし。家族に言うことすらも躊躇してたところはあったから。

――なんだかんだ言っても天才は天才なりに、いろんなことを確実に乗り越えている姉を見て、そこに並びたいと思ってがんばってきた数年があって、優季選手に伝えるのが何よりも怖かったのかもしれませんね。......ここにいない体で話してますけど(笑)。

亜紗乃 ......引退、したくなくて......でも毎日、めちゃくちゃ膝は痛くて......でやっぱり一番近くにいたから、怖いっていうよりは言いたくない。これ言ったら本当に"引退"だって。お姉ちゃんに言うのが最後の......。

優季 私に言ったら、もう本当にサッカーができなくなるんだって思ったってことだね。

亜紗乃 うん。

――そこに至るまでの気持ちがわかるだけに、もう何も言えなかった?

優季 そう。やめてほしいっていう気持ちと続けてほしいって気持ちがやっぱり両方あったから......。ワールドカップでのあの15分が最後になるとは思ってなかった。でもあそこで最後に同じピッチに立てたことはよかった。それがないまま終わっていたら、きっとかなりの心残りがあって、やめる決断がもっとできなかったかもしれないですよね。

 自分に厳しいことで知られる"永里優季"が妹の成長のために封じていた姉の顔。そばにはいつも幼い頃からの"天才肌・亜紗乃"という妹の存在があった。互いに対するリスペクトを持って、さらに2人だけに理解できる"テレパシー"があるのだと2人は笑う。独特のバランスを見ていて、この姉妹だからこその距離感で乗り越えた日々に改めて想いを馳せた。

(後半に続く)

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko