メル・ギブソンとロザリンド・ロスさん 写真:KCS/アフロ

写真拡大

 61歳のメル・ギブソンに、1月20日、9人目の子どもとなる男児が誕生した。2年前から交際中の26歳の恋人ロザリンド・ロスさんとの間の第1子で、米ピープル誌によれば、男児はラース・ジェラードと名付けられたという。

 ギブソンには、2001年まで28年連れ添った看護師の元妻ロビン・ムーアさんとの間に娘が1人と息子が6人、のちにDV疑惑で騒ぎになったロシア人歌手の元恋人オクサナ・グリゴリエバとの間に娘が1人いる。なお、ロスさんは軽乗競技(馬上アクロバット)の元チャンピオンという経歴を持つ。

 DV疑惑や差別発言で長く映画界から干された感のあったギブソンだが、メガホンをとった最新作の戦争映画「ハクソー・リッジ(原題)」(アンドリュー・ガーフィールド主演)が絶賛されており、先頃ノミネート作品が発表された第89回アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞(ガーフィールド)、編集賞、音響編集賞、録音賞の6部門にノミネートされた。

 作品賞と自身の監督賞を含むアカデミー賞5部門を制した95年の監督作「ブレイブハート」以来となるノミネートで、ギブソンは「生まれたばかりの我が子を抱きながら、自分の作品がノミネートされるのを聞く以上に心踊る体験があるでしょうか」と、喜びをあらわにした声明を発表している。