パッケージをリニューアルした「クリニカ Kid's ジェルハミガキ グレープ」と新発売の「クリニカKid's ジェルハミガキ いちご」

写真拡大

ライオンは、子どもの歯みがき開始時期に適したジェル状の「クリニカKid's ジェルハミガキ」に、子どもに人気の高い「いちご香味」の「クリニカKid's ジェルハミガキ いちご」を追加して、2017年2月15日に全国で新発売する

「グレープ」のパッケージをリニューアル

子どもは口のすすぎが上手でないことから、乳幼児の子どもをもつ親は、子ども向けハミガキに対して「ハミガキ剤に配合されている成分が気になる」「泡立ちすぎるとすすぎにくい」と感じているという。

そうした声を受けて13年に発売されたのが「クリニカ Kid's ジェルハミガキ」。

歯の再石灰化を促し、ムシ歯の発生と進行を防ぐ薬用成分「フッ素」と「食品使用成分」と同様の成分を配合した。

低発泡の透明ジェルを使用しており仕上げみがき時にも口内が見やすい。

ライオンではこのほど、子どもに人気の高い「いちご」香味をラインアップに加えることにした。

姉妹品の「クリニカ Kid's ジェルハミガキ グレープ」はパッケージをリニューアルして17年1月に改良新発売する。

内容量60グラム。