25日、著書『帝国の慰安婦』で元慰安婦に対する名誉毀損の罪に問われた韓国・世宗大の朴裕河教授に1審で無罪判決が言い渡されたことを受け、元慰安婦らは裁判所前で涙を流した。資料写真。

写真拡大

2017年1月25日、著書『帝国の慰安婦』で元慰安婦に対する名誉毀損(きそん)の罪に問われた韓国・世宗大の朴裕河(パク・ユハ)教授に1審で無罪判決が言い渡されたことを受け、元慰安婦らは裁判所前で涙を流した。韓国・ニュース1などが伝えた。

ソウル東部地裁は判決理由として、「被告人(朴教授)が『帝国の慰安婦』を著した主な動機は、旧日本軍慰安婦に対する社会的評価を阻害しようとの意図よりも、被告人なりに韓日両国の和解および信頼構築を目的としたものだったとの点を否定し難い」との見方を示した。

朴教授は裁判後、結果を「名判決」と評価し、裁判官への感謝の言葉を述べるなどしたが、元慰安婦やその支援者らは判決に猛抗議の声を一斉に上げている。法廷の傍聴席にいた元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんは、無罪判決が宣告されるや立ち上がって「法はないのか。有罪にすべきなのに、これは駄目だ」などと怒りあらわにし、同じく元慰安婦の李玉善(イ・オクソン)さんは法廷前で涙を流した。

また、元慰安婦らが共同生活を送る「ナヌムの家」の安信権(アン・シングォン)所長は、裁判所が被告人の主張のほとんどを受け入れまるで弁護士のような役割をしていたとし、「公正な裁判ではなかった」と指摘した。さらに元慰安婦の代理人を務める梁承奉(ヤン・スンボン)弁護士も「理解できない判決。裁判所は本に対する理解が不足しているようだ」と批判した。

韓国のネットユーザーの受け止めも、判決を批判する声が圧倒的だ。記事には「あきれた」「怒りで体が震える」「悔しい」「クズ裁判官が多過ぎる」「教授も裁判官もみんな親日派」などのコメントが寄せられ、多数の共感を集めている。

また他に、「おばあさんたちをまだ踏みにじるのか」「こんな人が教授をやってるから韓国の教育がこのざまなんだ」「一度、被害者の立場で考えてみて」「民主国家だから自分勝手に主張することまでは認めても、責任は取らせなきゃ。少なくとも名誉毀損にはなるでしょ」といった声も上がった。(翻訳・編集/吉金)