写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マウスコンピューターは26日、ゲーミングブランド「G-Tune」から、Kaby Lake世代のCore i7、GeForce GTX 1080、17.3型4K液晶などを備えたハイエンドクラスのゲーミングノートPC(3モデル)を発売した。標準構成価格は329,800円(以下すべて税別)。

今回の「NEXTGEAR-NOTE i7901 シリーズ」は3モデルとも、CPUにデスクトップ向けのIntel Core i7-7700K(4.20GHz)、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)、チップセットにIntel Z170、そして17.3型ノングレア4K(3,840×2,160ドット)液晶ディスプレイを搭載する。メモリ容量とストレージ、無線LANの違いによって3モデルを用意し、各モデルともBTO対応だ。OSはWindows 10 Home 64bit版。

最上位「NEXTGEAR-NOTE i7901PA1」の標準構成価格は429,800円。メモリはPC4-19200 64GB(16GB×4)、ストレージはM.2 PCIe NVMe 1TB SSD(Samsung SM961)となる。無線LANは規格値最大867MbpsのIEEE802.11ac/a/b/g/n、およびBluetooth 4.2+LEで、モジュールはIntel Dual Band Wireless-AC 8260だ。

「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」の標準構成価格は369,800円で、メモリはPC4-19200 32GB(8GB×4)、ストレージはM.2 PCIe NVMe 512GB SSD(Samsung SM961)と1TB SATA HDD、ワイヤレス機能は規格値最大433MbpsのIEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、およびBluetooth 4.2+LEとなる。

「NEXTGEAR-NOTE i7901BA1」の標準構成価格は329,800円。メモリはPC4-19200 16GB(8GB×2)、ストレージは240GB SATA SSDと1TB SATA HDD、ワイヤレス機能は規格値最大433MbpsのIEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、およびBluetooth 4.2+LE。

共通の仕様として、テンキー装備のキーボードはマルチキーロールオーバーに対応。「W/A/S/D」キーキャップにフレームを表示し、フルカラーLEDバックライトと合わせて視認性を高めている。付属ユーティリティを使って、キー割り当ての変更、Windowsキーの無効化といったカスタマイズが可能だ。

インタフェース類は、UHS-II対応SD/SDHC/SDXCカードリーダー、200万画素Webカメラ、Gigabit Ethernet対応有線LAN、USB 3.1 Type-C×2(うち1基はThunderbolt 3と共用)、USB 3.0×4、HDMI×1、Mini DisplayPort×2、ヘッドホン出力(S/PDIFオプティカルと共用)、マイク入力、ライン入力、ライン出力、指紋センサーなど。本体サイズは約W418×D295.3×H40.9mm、重量は約4.5kg。バッテリ駆動時間は約2.6時間。