ティム・デイリー

写真拡大

大人気医療ドラマ『プライベート・プラクティス』のピート役で知られるティム・デイリーが両脚を骨折し、出演ドラマへの影響が心配されている。米TV Lineが報じた。

ティムは、今月19日(木)から29日(日)まで米ユタ州で開催されているサンダンス映画祭に出席しており、余暇でスキーを楽しんでいる際に事故を起こして両脚を骨折してしまったのだという。彼は今、米CBSの政治ドラマ『Madam Secretary(原題)』に、ティア・レオーニ演じる主人公、米国公務長官エリザベス・マッコードの夫ヘンリー役で出演しているのだが、同シリーズは現在シーズン3を製作中だ。

手術を控えているティムは回復に6〜8週間かかる見込みで、脚本家はヘンリーの登場シーンについて変更を余儀なくされる模様。彼の負傷をそのままストーリーに反映させる選択も検討されているようだ。とはいえ、23話で構成されるシーズン3は撮影がほとんど終了していることから、ティムのケガはそれほど影響しないだろうとも伝えられている。本シーズンは米CBSにて毎週日曜21:00より放送中。

ティムの手術が無事に成功し、一日も早く全快することを願いたい。(海外ドラマNAVI)