「Insta360 Air」装着イメージ

株式会社ハコスコは、全天球ビデオカメラ「Insta360 Air」の予約販売を開始した。Android 5.1以降を搭載する端末のUSBコネクタに装着して使用できるモデル。Android端末のディスプレイで確認しながら、カメラアプリのような手軽な感覚でワンタッチ撮影を行える。出荷予定は2月中旬で、希望小売価格は2万円(2017年1月26日時点での税込価格)。同社では、これまでにも2016年10月から、iPhone専用の「Insta360 Nano」を取り扱っている。Androidに対応した本製品は、F値2.4の魚眼レンズを2つ搭載(210°×210°)。3008×1504pixelsの静止画や2560×1280pixels / 30FPSの動画を撮影でき、Galaxy S7 / 7edgeやHuawei P9など一部の高性能端末では3K動画(3008×1504pixels)の記録もサポートされた。YouTube Liveなどを用いたリアルタイムでの360°動画の配信機能も、本体に実装されている。本体サイズは38(幅)×39.5(高さ)×38(奥行)mmで、重量は26.5g。なお、本製品は「Insta360 Nano」とは異なりバッテリーを内蔵していないため、本体のみで撮影することはできず、Android端末もしくはPCへの接続が必須となる。製品にはUSB-microUSBケーブルと専用マウントが付属。株式会社ハコスコ
希望小売価格:2万円(2017年1月26日時点での価格)
URL:http://www.hacosco.com/
2017/01/26
▷こちらもおすすめ
アスク、iPhoneで全天球写真・動画を撮れるビデオカメラ「Insta360 Nano」を発売