『キセキ -あの日のソビト-』では難病を患うも「キセキ」を聴いて生きる希望を持つ結衣を演じている/[c]2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

写真拡大

サッカー日本代表の長友佑都との入籍を間近に控え、国民的人気を集めている平愛梨。そんな姉への祝福ムードが高まる中、彼女の妹・平祐奈が女優として、今めきめきと頭角を現している。1月28日(土)公開の『キセキ -あの日のソビト-』を皮切りに、今発表されているだけでも2017年で6作品(!)に出演している彼女の、魅力溢れる姿を一気に大放出!

【写真を見る】“国民の妹”平祐奈の写真大放出!/[c]2017「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会

GReeeeNの大ヒット曲「キセキ」誕生の軌跡をつづった青春ストーリー『キセキ -あの日のソビト-』で、平が演じるのは深刻な心臓病を煩っている少女・結衣。主人公たちの歌声から、生きる希望を見い出し、病と戦うという難しい役柄だが、小学校6年生から女優として活動している平の確かな演技力が際立っている。

みきもと凛原作の同名コミックを実写化した『きょうのキラ君』(2月25日公開)では、学校イチのモテ男・キラの幼なじみの澪を好演。そんな澪はドSキャラながらも、キラとヒロイン・ニノの恋を後押しするという役柄で、厳しさと優しさのギャップには思わずドキッとさせられてしまう。制服姿もまぶしい文字通りのクールビューティだ。

気鋭の小説家・河野裕のカルト的人気を誇る同名ライトノベルを前後編で映画化した『サクラダリセット』(前編:3月25日公開/後編:5月13日公開)では、ヒロインの春崎が持つ時間を巻き戻す特殊能力“リセット”によって命を落としてしまう女子高生・相麻を演じる平。主人公のケイと春崎は相麻を蘇らせようとするが、相麻の死には主人公たちが思いもよらない秘密が…。壮大なスケールの物語を牽引する重要なキャラクターを見事に表現しており、ミステリアスな雰囲気を醸し出している。

秋吉理香子の同名ミステリー小説の映画化した『暗黒女子』(4月1日公開)では、学園イチの秀才・美礼を熱演している平。これまでの作品ではお目にかかれなかったメガネっ娘姿を披露!カリスマ女子高生の死を巡り、登場人物の裏の顔が明かされていく本作だが、優等生の裏の顔とは一体…?

マンガアプリ「comico」で好評連載中の同名コミックを実写化した『ReLIFE』(4月15日公開)では、中川大志とのW主演でヒロイン役に抜擢!学校の成績はトップだが極度のコミュニケーション音痴という女子高生・千鶴に扮しており、中川大志演じる新太との出会いから、徐々に心を開いていく寡黙な少女の心の機微を見事に表現している。

そして嵐の大野智の単独主演作として話題の時代劇大作『忍びの国』(7月1日公開)では、初の時代劇にも挑戦!知念侑季演じる織田信雄と政略結婚をさせられる北畠家の娘・凛を演じている。時代劇ということで、彼女がどんな着物姿を披露するのか今から公開が待ちきれない!

難病を抱える少女から、ドSキャラ、はたまた時代劇まで様々な役柄をこなし、そのポテンシャルを存分に見せつける平。最旬若手女優の今後ますますの活躍は要チェックだ!【トライワークス】