佐々木蔵之介と関ジャニ∞横山裕に直撃インタビュー!

写真拡大

佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕がW主演する『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(1月28日公開)。“イケイケやくざ”と“ぐうたら貧乏”の凸凹コンビが繰り広げるバディ・ムービーで、二人が絶妙なコンビネーションを見せている。佐々木と横山にインタビューし、本作のバディの魅力、そして、お互いの“ぐうたら度”について語り合ってもらった。

【写真を見る】佐々木蔵之介の“イケイケやくざぶり”に注目!最高に魅力的なキャラクターだ/[c]2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会

直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を原作に、一度キレたら手が付けられないヤクザ・桑原と、ヘタレで貧乏な建設コンサルタント・二宮が、詐欺師を追って関西やマカオを奔走する姿を描く本作。桑原役の佐々木は「イケイケでネイティブランゲージの関西弁が使えて、かなり暴力的で(笑)。こんなに面白く魅力的な役はなかなかない。出会えて本当に幸せです」とニッコリ。

一方の横山は「すぐに原作を買いに行って読ませていただいたんですが、すごい世界観やなと思って。会話劇が魅力的で、この世界に自分が入れると思ったらすごくうれしかったです。桑原を蔵之介さんに当てはめながら読んだり、蔵之介さんの作品を何本も観たり、撮影前も楽しみながら、自分でも考えながらいろいろとやっていました」と、楽しみとともに現場に飛び込んだ。

桑原と二宮は、互いに互いをうっとうしい“ヤクビョーガミ”だと思っているが、なぜか離れられない凸凹コンビ。佐々木曰く、小林聖太郎監督からは「テンポがよすぎて、コンビっぽく見えてしまう」との指示が入るほど、二人の息はぴったりだったそう。「桑原と二宮は共通の利害があって、そこで繋がっている関係。桑原は、二宮に対して常に『コイツ、いちいちひとこと多いな』『蹴ったろか!』と思いながらも、なぜか繋がっている関係なんで。ややもすると、関西弁での掛け合いはテンポや間など、漫才の掛け合いのようになってしまう。そうではなく、絶妙な笑いになれるように狙っていきました」。

横山は「二宮も桑原のこと、ホンマに嫌いでしょうね。すぐにどつきやがってと思っている」と応酬すると、さらに佐々木が「どつきたくなるようなことを言うから!」とツッコむ。佐々木と横山の丁々発止のやり取りが実に心地よいが、横山は「それでも二宮は桑原に憧れを持っているんでしょうね。桑原さんは男としての魅力があって、やっぱり憧れますよね」と佐々木の体現した桑原にゾッコンだ。

“イケイケやくざ”と“ぐうたら貧乏”を演じた二人だが、お互いに“イケイケ”だと思う点、“ぐうたら”だと思う点はあるだろうか?横山は「僕はぐうたらじゃないと思うんです」と告白する。「休みは休んだらええやんと思うんですが、イヤなんです。負けた気になってしまうので、ジムとか行っちゃいます。ジムでは決めたメニューは絶対にやるし、サウナも12分経たないうちに出たことは一回もない(笑)。アホなんですよね」。

さらに「一度やると決めたことは、絶対にやろうと決めています」とストイックな姿勢を明かす。「自分ルールがめっちゃあるんです。僕、絶対に遅刻もしません。朝、眠くても“10秒以内に起きなかったら死ぬ”という自分ルールを作っているので(笑)。絶対に起きます」と、とことん自分に厳しいタイプ。これには佐々木も「それはすごいな」と感心しきりだ。

佐々木は「ぐうたらなタイプ」と自己分析。「休みがあるとどうしてもダラダラとしてしまうので、そうするとあとですごく後悔するんですよね。なので、とりあえず外に出てみたり、旅に出てみたりと、環境を変えようとしています。自分の性根を変えることはできないので、環境を変えたら自分も変わるかなと」とぐうたら解消法について、明かしていた。【取材・文/成田おり枝】