写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リコーとリコーイメージングは1月26日、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX KP」を発表した。2月23日の発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は税込13万円台後半。ブラックとシルバーの2色を用意する。

PENTAX KPは、新たに開発した有効約2,432万画素のCMOSセンサーと、PENTAX K-1と同じ画像処理エンジン「PRIME IV」を搭載したデジタル一眼レフカメラだ。PENTAXのラインナップにおいてKPは、フルサイズのK-1とエントリー向けのK-70の中間領域をカバーするミドルクラスという位置づけだが、APS-C上位機のK-3 IIを置き換えるものではない。

暗所撮影に強みを持っており、ISO819200という超高感度撮影が可能。関係者によると、ISO12800でも常用レベルで満足できる低ノイズ画質に仕上がっているという。CMOSセンサーは光学ローパスフィルターレス仕様となっている。

5軸対応の手ブレ補正機構「SR II」を本体に内蔵し、シャッター速度5段分の効果を提供。CMOSセンサーを1画素ずつずらして4回撮影した画像を1枚に合成する超解像技術「リアル・レゾリュ―ション・システム」も利用可能だ。

操作面では、通常の静止画撮影/ライブビュー撮影/動画撮影を電源オン・オフ時を問わず切り替えられるレバーを天面に用意。シャッター速度や絞り値を3段階に変化させつつ撮影するモーションブラケットや、被写界深度ブラケット機能も搭載する。

本体サイズはW131.5×H101.0×D76.0mm、重さは約703g (バッテリー、SDカードを含む)。小型軽量かつ防塵・防滴・耐低温というPENTAXブランド伝統の設計を受け継いでいる。グリップが交換可能となっており、標準で付属するSサイズのほか、オプションでMとLサイズを用意する。主な使用は以下の通り。

・レンズマウント:ペンタックスKマウント
・撮像素子:有効約2,432万画素、APS-CサイズCMOSセンサー
・画像処理エンジン:PRIME IV
・対応感度:ISO100〜819200
・AFポイント : 27点 (中央25点はクロス測距)
・シャッター速度:1/6,000〜30秒、バルブ
・連続撮影:7コマ/秒
・ファインダー:視野率100%、約0.95倍
・液晶モニター:3.0型・約92.1万ドット、チルト式
・記録メディア:SD/SDHC/SDXCカード (UHS-I対応)
・撮影可能枚数:約420枚
・通信機能:Wi-Fi (11b/g/n)
・サイズ:W131.5×H101.0×D76.0mm
・重さ:約703g (バッテリー、SDカードを含む)

(阿部求己)