キュートな声でアシマを演じ切った渡辺直美

写真拡大

 お笑い芸人の渡辺直美が1月25日、都内のスタジオで行われた、劇場アニメ「映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」の公開アフレコに臨んだ。

 イギリス生まれの子ども向け人気アニメシリーズ「きかんしゃトーマス」の劇場版最新作。13台の機関車が新キャラクターとして登場する今作は、世界中の機関車たちがスピードや力の強さを競う「グレート・レイルウェイ・ショー」がメインランドで開催されることになり、トーマスがソドー島代表として出場しようと奮闘する。

 インドからやって来た女の子の小型蒸気機関車・アシマ役の渡辺は、「普段は声が低いので、精一杯かわいらしい声を出して、演じさせていただきます。大好きなトーマスと一緒の空間にいられて嬉しいです」と意欲をみなぎらせる。アフレコ前半は順調に進み「良い感じ」と満足げだったが、「一番難しいところ」だというトーマスとの共演シーンでは「レイルウェイ・ショー」という単語がうまく言えずNGを連発。テイクを重ねた末に「大人たちが困惑している。ざわざわしている」「怒ってる? 怒っているわ(笑)」とスタッフや報道陣の顔をのぞき込み、苦笑いだった。

 思わぬ苦戦を強いられたものの、キュートな声でアシマを演じ切った渡辺。アフレコ後の囲み取材では、「意外とかわいい声は得意なんですよ。でもなかなか出さないですけどね、かわいい声は。好きな人の前でしか出さない」と明かし、「実演してください」とリクエストされると、奇妙な猫なで声を出して笑いを誘った。だが最近の恋愛事情に話題が及ぶと、「寂しい感じですね。今はまったく(好きな人が)いないです。こんなこと今までの人生でない。だから辛いです。恋愛はずっとしていたい」と嘆いていた。

 実際のアフレコは既に終えており、渡辺は「レイルウェイ・ショーがやっぱり言えなかった。先ほどのようにテンパった感じでやっていましたね。他にも何カ所か(苦戦したシーンが)あって、みんなが無言になる、沈黙の空気になることがありました」と述懐。そんな苦労の末に、息吹を吹き込んだアシマは「100点でしょう! じゃなかったら大問題じゃないですか。75点だって言って、それが世に出るのは相当なもん(笑)」と自信をのぞかせた。

 「映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」は、4月8日からシネ・リーブル池袋、全国のイオンシネマほかで公開。