ダニエル・ブリュールの魅力爆発!
 - (C) 2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA

写真拡大

 ダニエル・ブリュールとヴォルフガング・ベッカー監督が映画『グッバイ、レーニン!』以来12年ぶりにタッグを組んだロードムービー『僕とカミンスキーの旅』の予告編が公開され、高慢な崖っぷち美術評論家&盲目の老画家という異色のコンビが、ドタバタ続きの珍道中を繰り広げる中で奇妙な友情で結ばれていく様子が明らかになった。

 ドイツのベストセラー作家ダニエル・ケールマンの「僕とカミンスキー」(三修社刊)を原作にした本作。金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家ゼバスティアン(ダニエル)が訪ねたのは、マティスの最後の弟子でピカソの友人、ポップアート隆盛の1960年代ニューヨークで“盲目の画家”として脚光を浴びたカミンスキー。彼が若き日に愛した女性の存在を餌に、ゼバスティアンは年老いたカミンスキーを旅に誘い出すことに成功するが、トラブル続きの旅はいつしか奇妙な方向にねじれていき……。

 伝説の画家カミンスキーを演じたのは、『007』シリーズのミスター・ホワイト役などで知られるイェスパー・クリステンセン。予告編からは、カミンスキーが年老いた見た目からは想像もできない破天荒さでゼバスティアンを振り回すものの、旅を通して二人が次第に心を通わせていくさまを、美しい絵画の数々、そしてスイス、フランス、ドイツ、ベルギーの雄大な風景が彩っていることがうかがえる。(編集部・市川遥)

映画『僕とカミンスキーの旅』は4月29日より YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開