パフォーム・グループのジェームズ・ラシュトンCEO【写真:フットボールチャンネル編集部】

写真拡大 (全2枚)

「Jリーグは世界と比較しても競争力がある」

 今季からJリーグと放映権契約を締結した「DAZN」。10年間総額2100億円という大型契約で日本に上陸した“黒船”は、果たして今後のJリーグに何をもたらすのだろうか? 「DAZN」を提供するパフォーム・グループのジェームズ・ラシュトンCEOに、ビジネスモデルや10年間のビジョンを聞いた。(インタビュアー:植田路生/取材日:2017年1月20日)

------------

――Jリーグの放映権を獲得しましたが、昨年は実際にスタジアムに行ってJリーグをご覧になりましたか?

「大阪で、そしてまた浦和レッズの試合などを観ました。サッカーの質の高さのみならず、ファンの情熱に感銘を受けました。特にシーズン終盤で優勝がかかっている状況だったので熱気がありました。

 今シーズン開始に向けて、各クラブを訪問させていただく機会を楽しみにしています。また、日本の様々な地域を訪れてみたいと思っています」

――DAZNで放送することによってJリーグのプレー、サッカーのクオリティーがどのように変わっていくことを望みますか?

「私たちはこれから放送を担当するパートナーとしてJリーグのサッカーのスタイルを変えて欲しいとは思っていません。もうすでに統計でも表れていますが、日本のJリーグは世界と比較しても競争力があると思います。

 日本はポゼッションに重きを置いている素晴らしいプレースタイルなので、それを変えないで欲しいと思います。むしろこれから私たちのサービスが提供されることによって、サッカーの素晴らしさをより伝えていきたいですし、Jリーグのヒーローたちのストーリーも伝えていきたい。

 とはいえ、これからこのJリーグに投資をしていくわけですから、その資金が入ることで日本の優秀なプレーヤーがヨーロッパに移籍することなく、Jリーグに留まってプレーする人が増えたり、あるいは逆に海外から優秀なプレーヤーを獲得し、そしてJリーグのスタイルを維持してくれれば、なお素晴らしいと思います」

――確認なのですが、以前から中継にはCMは一切入らないと仰っていましたが、それは今後10年間変わらずということですか?

「私たちとしてはコマーシャル広告などをDAZNの中継には入れたくないと考えています。OTT(※)の有料サービスにおいては、やはりブランドが中心であるべきだと考えております。ですから、基本的には広告やスポンサーはなしで当面進めたいと思っております。

 ただ、やはり『Never』と言うのは10年という長い期間を考えると断言するのは難しい、断言するべきではないと思っております。もちろん、もし広告サービスを入れるとしても、従来型のコマーシャルが間に入るというよりも、『今回のコンテンツはどこどこのスポンサーである』という入れ方になると思います」

(※)「Over The Top」の略。ネット回線を通じて動画や音声などのコンテンツを提供する事業者のこと

「10年だからこそビジョンを持てる」

――つまり加入者がたくさん入ることが、DAZNとしてのビジネスモデルになるわけですが、かなりの数が加入しなければ、なかなかビジネスモデルとして成功しないのではないかと予想しているのですが、それについて達成の見通しをお聞かせください。

「パフォームは民間企業であり慈善事業ではないので、当然のことながらJリーグの投資をすることに関しては、それなりのリターンをこれから求めていくことになります。

 ただJリーグというのは10年という長期契約になっているということに私たちは素晴らしいことだと考えていまして、10年だからこそビジョンを持てるということです。ビジョンとして掲げているのは、従来型のビジビリティであるJ SPORTS、WOWOW、スカパー!並みの普及度を達成したいと思っています。

 簡単な計算で、例えば10万人×1750円×12ヶ月でJリーグに対する支払いができることにはならないわけです。

 ですから、Jリーグの関係者もパフォームの株主も、来年の今頃J SPORTSと同じくらいにならなければならないということを期待しているわけではないです。3年、4年、5年と時間をかけて、基盤を拡大していきたいと思っています。

 そのためには、消費者に対しての働きかけも必要ですし、ブランドの認知度を高める、そしてまたJリーグを中心としたマーケティングやファンへの対応、番組制作などに注力していくことによって、中期的に大きな事業基盤にしていきたいということです。

 その時には、従来型のペイテレビと同じレベル、あるいはそれ以上の加入者を獲得したいと思っています。このような長期的な取り組み、視点を持っているということをJリーグにも理解していただき10年契約となりました。

 この点をパフォームの株主も理解し、Jリーグへの資金提供に合意しました。ですからむこう12ヶ月、18ヶ月、2年という短期的な視野ではなく、長期的な計画を持っているということです」

全リーグの放映権取得は…「ご期待ください」

――株主の方々はどのような要求がありますか? 例えば、3年で数字を達成してくれ、5年で数字を達成してくれ、あるいは10年間でこれだけといった何か具体的な要求はありましたか?

「長期的な価値のどういう尺度を取締役会に対して提案しているかというのは、機密情報になるので詳細を共有することはできませんが、私どもが株主と約束しているのは中長期的な見通しについてです。

 取締役会が定期的にありまして、そこでは財務に関して、また非財務の情報についても取締役会と共有していますが、本件の取り組みについては2、3年という期間ではなく、5年、7年、10年という期間で検討しております」

――今回10年間で2100億円という大きな契約でしたが、単純に2100億を10年で割ると1年間で210億円になるのですが、Jリーグの発表では今年から3年間は210億円よりも少ない金額でした。これは最初から決まっていたことなのか、それとも加入者の状況をみて決めたのかどちらでしょうか?

「確かに数字は合っています。21億ドルで210億円。放映権の交渉においては最初よりも後の方が高く傾斜配分としてなっているんですね。それは通常の慣行であって、また権利保有者にとっては延長のための再交渉をする際に一番高いところをベースに協議できるので、より望ましいと考えております」

――それは御社にとって望ましい?

「双方にとってです。我々にとっても最初は少なく、そして後にかけて傾斜配分で高くなるというのは、徐々にビジネスを拡大していくという流れに沿っている。Jリーグは最後の方になってより高い金額が傾斜配分されるので、そうなると延長の再交渉をする際には高いベースで協議できるので、双方にとって有利です」

――DAZN、スカパー!、WOWOW、スポナビライブの全部を契約して、金銭的な負担が大きくなっているユーザーもいます。DAZNが全部のリーグの放映権を取得するプランはありますか?

「努力しています。Jリーグを獲得したのは最後ではなく始まりです。これからも日本において有力なコンテンツをどんどん追加していきたいと思っていますので、ご期待ください」

(インタビュアー:植田路生/取材日:2017年1月20日)

text by 植田路生