いかにもアメリカらしいモータースポーツとしてメキメキと注目を集めているカテゴリーが「レッドブル・グローバルラリークロス」。

ハイパワーエンジンを搭載した4WDマシンが舗装とダートの混ざったコースで、飛んだり跳ねたり、抜きつ抜かれるのレースを繰り広げるという、レースとラリーのイイトコドリをしたような新しいモータースポーツなのです。

1

グローバルラリークロス(GRC)のトップカテゴリーとなる「スーパーカー」クラスに参戦しているマニュファクチャラー(自動車メーカー)は、フォルクスワーゲン(ザ・ビートル)、フォード(フィエスタST)、ホンダ(シビック)、スバル(WRX STI)の4社。ここで記した順番は、2016年のランキングに則ったもので、ダートに強いイメージのあるスバルは残念ながら最下位に甘んじています。

そのスバル、2016年には日本のトップドライバーである新井敏弘選手をGRCにスポット参戦させるなど日本サイドの関わりも強くなっています。そして、2017年にはGRCマシンのエンジンをSTIが開発することになりました。

そのスタートといえるテストが埼玉県のミニサーキット「本庄サーキット」にて行なわれるという情報を耳にして、その現場に行ってきたのです。

極秘テストかと思いきや、テスト当日の本庄サーキットはフリー走行の日。サーキットライセンスを持つ二輪・四輪のユーザーが走りを楽しんでいます。その中で、新井敏弘選手がドライブするGRCマシン(2016年モデル)がコースイン。鋭い加速を確認していました。

エンジンはEJ20型2.0リッター水平対向4気筒ターボに、大型ターボチャージャーを組み合わせた580馬力仕様。トランスミッションはリアディファレンシャルと一体化されたトランスアクスルで、そこからフロントにプロペラシャフトを戻すことで四輪を駆動しています。おそらく前後重量配分も最適化されているであろうGRCマシンの加速は市販モデルとは別物ですが、これでもライバルには遅れをとっているといいます。

今回のテストは、とくにライバルに対して不利となっているゼロ発進性能の問題点を洗い出すためといいます。GT300のBRZをはじめ、多くのEJ20チューンを手掛けてきたSTIが、2017年シーズンのGRCが開幕するまでに、どのようにライバルをキャッチアップするのか、開発ドライバーを務める新井敏弘選手の動向も含めて興味津々です。

(写真と文 山本晋也)

【関連記事】

スバルで新井敏弘が日本人初挑戦するラリークロス「GRC」とは?
http://clicccar.com/2016/10/09/406223/

新井敏弘選手も参戦した「魅せる」ラリークロス・レッドブルGRC最終戦LAラウンド
http://clicccar.com/2016/10/13/407229/

本邦初公開のグローバルラリークロス・マシン!580馬力のスバルWRX STIが国内でテスト(http://clicccar.com/2017/01/26/440299/)