和式トイレはノロウイルス感染率が高い!?専門家に聞いてみた

写真拡大

ノロウイルスの流行時期、特に注意が必要なのがトイレ。ノロウイルスは便や嘔吐物の中に多量に存在するため、感染者が使用した後のトイレは便器や床、ドアノブに至るまでかなり汚染していることが分かっているからだ。ところで、「教えて!goo」の「和式トイレが衰退した理由を専門家に聞いてみた ←この記事どう思う?」という投稿に、「最近、ノロウイルスなどの感染防止のため、洋式トイレはふたをして流すようにとの話ですが、和式ってそのまんまじゃじゃ流しですよね…大丈夫なのか?(中略)」(moonfishsandwichさん)というコメントが付いた。

家庭のトイレはいまやほとんどの世帯が洋式だろうが、公共施設などで和式トイレを利用する機会は少なくない。和式トイレ内のノロウイルスについて、専門家の意見を聞いてみよう。

■近大医学部教授が解説。和式トイレ特有のデメリットって?

お話を伺ったのは、近畿大学医学部附属病院感染対策室室長、吉田耕一郎教授。そもそも蓋をして流す、流さない以前に、和式トイレにおける用の足し方が感染拡大のリスクが高いという。

「ノロウイルスによって下痢になると、排便の際にほとんど水のような便汁や、ガスも一緒に出ます。洋式トイレだとお尻や太ももと便座が密着するので、便器の外に便汁が飛び散ることは少ないと思われます。しかし、和式の場合はお尻と便器の間に隙間があるので便器のまわりや、靴、ズボンの裾などに便汁が飛び散ることがあり、流す前にすでに周りが汚染されているのです」(吉田教授)

逆に言えば和式の場合は便座に直接お尻を付けないので、お尻の皮膚や粘膜にノロウイルスが付着することはないといえるそうだ。しかしながら吉田教授によると、和式トイレのリスクはまだあるという。

「和式トイレにウォシュレットはないので、手でトイレットペーパーを使ってお尻を拭きますよね。下痢の場合は排便の際に肛門まわりも汚れることが多いので、お尻を拭くときに汚染してしまった手指で水を流すレバーに触ることになります。特に親指の付け根に汚れが付着しやすいことが分かっていますので、その都度レバーを清掃していないと強力な感染源になってしまう可能性があります」(吉田教授)

ノロウイルス感染者が触ったレバーを自分も触ることで、大量のノロウイルスが手指に付着してしまうことになる。もちろん流すときにもウイルスが飛散するので、和式トイレで感染を広げない対策といえば、ゆっくり流すほかないのだという。

ノロウイルスの流行が終息を迎えるまで、誰が使ったか分からないトイレにはできるだけ近づかない方が無難なのかもしれない。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)