JALは25日、国内線の機内でのインターネット接続が無料、時間無制限で利用できるキャンペーンを実施すると発表した。

 期間は2月1日〜8月31日まで。対象となる便は国内線機内でWi-Fiサービスに対応して運航するすべての便(777-300型機、777-200型機、767-300型機、737-800型機の計77機)。利用できる時間は離陸の約5分後から着陸の5分前まで。

 利用方法は、離陸前に機内モードに設定し機内でWi-Fiの設定から「gogoinflight」に接続、次にブラウザーを起動し、ポータルサイトより「接続」ボタンを選択する。初めてインターネット接続サービスの利用する場合、インターネット接続のサービスプロバイダー「Gogo」へのアカウント登録が必要となる。

 利用できるメニューは、通常のインターネット接続の他、30のジャンルのビデオが視聴できる「Wi-Fiビデオプログラム」やフライト状況をリアルタイムに確認できる「フライトマップ」など。

 同社は、今まで、国内線の機内でインターネットをフライト中に15分間無料で利用できるキャンペーンを行っていた。今回の期間限定、時間無制限のインターネット接続を無料で提供するキャンペーンは、JAL SKY NEXT対象77機の全機改修完了を記念して行われる。