トリビア解説で聞かせる増田明美氏

写真拡大 (全2枚)

 大学駅伝シーズンを通して、本誌で最新情報をレポートしてきた陸上長距離専門ウェブメディア「EKIDEN NEWS」主宰者の“博士”こと西本武司氏と、マラソン解説で数々のトリビアを紹介する増田明美氏(スポーツジャーナリスト)との対談が実現。競技現場での情報収集を何より大切にする2人の対談は、思わぬ盛り上がりを見せた

──増田さんの独特の解説スタイルには賛否両論あるようです。

増田:ありますね。でも当然ですよ。全日本では、競技者としての解説なら1号車のなべちゃん(渡辺康幸・住友電工監督)がやってくれるから、私の役割は小ネタで“人”を伝えること。

西本:選手の結婚情報とかは、だいたい増田さんの“スクープ”ですよね。

増田:怒られることも多いですけど(苦笑)。リオ五輪でも、女子5000m予選で上原美幸さん(第一生命)がスタート直後から一気に飛び出したでしょ? アフリカ勢の2位集団に追いつかれるんだけど、そこでさらに粘った。

 私もその瞬間、ここだと思って「上原さんはキーホルダーを集めるのが趣味で、一番好きなのは焼き鳥のねぎま(のキーホルダー)です。なぜかというと、ネバーギブアップ、ネバギバ、ねぎま!」と話した。でもね、NHKのアナウンサーの方は完全にスルーで……。

西本:その温度差がまた面白かったですけど、報道とエンタメの境目の難しさですよね。競技に直接関係ある情報だけでも味気ないし。

増田:だから、ひたすらファン目線、沿道目線で情報をレポートしていく西本さんのやり方は面白いと思う。そんな西本さんは、野球やサッカーと比べて駅伝やマラソンの面白さって何だと思いますか?

西本:超エリートも素人も練習する場所が同じなのは大きいと思います。去年の夏、砧公園をジョギングしていたら上半身裸の男に颯爽と抜かれた。よく見たら大迫(傑。5000m日本記録保持者)なんです。日本記録保持者と同じ場所で練習できるんだから驚きますよね。

増田:確かにそうね。

西本:イチローの打法や投法のモノマネをするように、市民ランナーの間で大迫のモノマネが流行るぐらいまで業界を盛り上げていくのが僕の将来の夢です。

 一里塚として始めたのが「オトナのタイムトライアル」という市民ランナー向けの記録挑戦会。昨年は川崎・等々力陸上競技場を借りて1万m日本歴代2位の鎧坂哲哉・選手(旭化成)や青学大で2度の8区区間賞を獲った高橋宗司君にペースメーカーをやってもらったりした。競技選手と市民ランナーの垣根はもっと低くできると思うんです。

増田:たしかに、実現すればマラソンも駅伝ももっと盛り上がる。本当は陸連とかがそういう取り組みを応援しないとダメなのにね。陸連には、「西本さんにもっと協力しなさい!」って私から言っておくわ!

西本:よろしくお願いします(笑い)

●ますだ・あけみ/1964年千葉県生まれ。スポーツジャーナリスト。私立成田高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立し、1984年ロサンゼルス五輪に女子マラソン代表で出場。1992年に現役引退し、解説者として数々のレースに携わる。

●にしもと・たけし/1971年福岡県生まれ。「駅伝ニュース」主宰者。本業はコンテンツプロデューサー。ツイッターアカウント名は「公園橋博士」、相棒のマニアさん(アカウント名「@EKIDEN_MANIA」)とともに全国の長距離レースを観戦。

※週刊ポスト2017年2月3日号