北朝鮮の労働新聞は25日、韓国政府が米国に「北核圧迫共助を哀願している」と非難する論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行(首相)が16日、「『北非核化を誘導するための強力な対北圧迫』について唱え、新しい米行政府との共助を積極的に推し進めると言いふらした」と指摘。

また、「一方、かいらい青瓦台安保室長の金寛鎮逆徒とかいらい外交部の連中も年頭から次々と米国を訪ねて『北核圧迫共助』を哀願した」と主張した。

さらに、「これはすでに失敗した政策とらく印を押された反共和国制裁・圧迫をなんとしても維持し、内外から窮地に陥った自分らの哀れな境遇から脱するための断末魔のあがきである」と糾弾した。

そのうえで、「かいらい一味が同族を謀略にかけて害し、圧殺するために国際的な『北核圧迫共助』に執着するほど、彼らの対内外的境遇はさらに困難になり、悲惨な終えんの時刻だけが早められる」と強調した。