「格安レンタカー」の登場で、レンタカー業界は急成長している

写真拡大

 冬休みにレンタカーでドライブを楽しんだ人も多いだろう。実際、国内の自動車販売台数は増えていないが、レンタカー需要は年々増えている。「車を保有するよりも、必要に応じてレンタルすればいい」という合理派が増えているようだ。さらに、ここに来て、大手レンタカー会社の料金よりも半額以下の「格安レンタカー」が登場したことで、業界が急成長している。

 レンタカーの選択肢も増える中で、利用者は何を評価しているのか。「オリコン日本顧客満足度ランキング」の調査では今回、初めて従来のレンタカー会社から切り分けて、格安レンタカー会社の調査も実施。利用者の本音を探った。

トヨタレンタカーが
最も高い評価を受けた4項目とは…

 今回の調査では、レンタカー会社25社、格安レンタカー会社15社を対象に、過去2年間にプライベートで利用した経験がある、各々の利用者7339名、1661名にアンケートを行い、「予約のしやすさ」「店内の清潔度・雰囲気」「保険・補償」「スタッフの対応」「車種・オプションの豊富さ」「車種の清潔感」などの9項目について100点満点で評価してもらった。

 その結果、レンタカーで第1位は「トヨタレンタカー」で、合計74.87点を獲得。第2位が「タイムズカーレンタル」の74.65点、第3位が「ニッポンレンタカー」の73.45点となった。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)