『スケベニンゲン』のパスタは全63種類!豊富なパスタから選りすぐりを紹介しよう。

銀座の、すけべにんげん……、いえいえ決して怪しい者ではございません!イタリアンレストラン『スケベニンゲン』は、銀座で1977年創業した老舗の名店なのだ。

一度聞いたら絶対に忘れられない店名はインパクト大!その気になる店名の由来から、ここに来たら食べたいおすすめパスタを店長 越塚氏に伺った。



「フリッタータ」(1,100円)※サラダとドリンク付。ドリンクはワイン、コーヒー、ジュース、アイスティの中から選べる
「フリッタータ」は不動の人気NO.1パスタ

ランチ、ディナーともに営業する『スケベニンゲン』。今回は、ランチのパスタセットからおすすめを紹介したい。とはいえ、今回紹介するパスタは全てディナーでも注文可能だ。

まずは人気NO.1を誇る「フリッタータ」から美味しさの訳を紐解いていこう。

何も知らずにオーダーしたなら、一瞬「あれオムレツ……」とさえ思ってしまいそうなそのフォルム。その形状こそが「フリッタータ」最大の特徴である。



今でこそ「フリッタータ」を扱うイタリアンレストランは増えたが、元祖は『スケベニンゲン』である!

まず自家製のミートソースと全卵、パルミジャーノチーズを入れ混ぜてからパスタを投入。オムレツを作る要領で成形していき、こんがりと焼き目を付けていく。

パリッと焼き上がった表面と、アルデンテに仕上げられた中のパスタのバランスが絶妙で、クセになる味わいである。人気NO.1の称号は伊達ではない旨さ!

ミートソースが全卵、チーズと混ざり、優しい味わいに変化しており、最後まで食べ飽きずに完食できるだろう。途中でレモンをかけて味の変化を楽しむのもおすすめだ。



「マンマの怒ったパスタ」(1,300円)※サラダとドリンク付。ドリンクはワイン、コーヒー、ジュース、アイスティの中から選べる

続いては「マンマの怒ったパスタ」を紹介。こちらはミートソースと生クリーム、チーズを入れたソースを絡めたパスタで、上にはパルミジャーノチーズをたっぷりとトッピング。

このユニークなネーミングの本来の由来は定かではないが、「マンマの怒ったカネロニ」という筒状のパスタを使った料理が、ソースからパスタがのぞく様子が鬼の角のようであることから「マンマの怒った」と名付けられ、その料理と同じソースを使用するパスタだから「マンマの怒ったパスタ」になったのでは、と言われているそうだ。

普通怒ったと聞くと「辛い」というイメージを持つかもしれないが、このパスタはむしろ生クリームが入っているため「甘い」。ネーミングの不思議に想いを馳せながら味わってみてはいかがだろう。


絶対にココでしか食べられない老舗の名作メニューをご紹介!



「ポモドーラ・バジリコ」(1,200円)※サラダとドリンク付。ドリンクはワイン、コーヒー、ジュース、アイスティの中から選べる

女性に人気が高いのが「ポモドーラ・バジリコ」。乾燥バジル、フレッシュトマトを入れ仕上げられる王道の一品だ。

最後に添えられる青じそが和のテイストもプラスしてくれ、懐かしさも感じられる一皿に仕上げられている。



「スケベニンゲン」(1,200円)※サラダとドリンク付。ドリンクはワイン、コーヒー、ジュース、アイスティの中から選べる
店名を冠したパスタ「スケベニンゲン」の正体とは!?

店名を冠しているからにはイチ押しメニューなのかと思いきや実はそうではないと、店長越塚氏は語る。「好きな人はコレしか注文しないほど、コアなファンもいるのですが、かなりアルコールが効いている料理なので、食べる人を選ぶパスタですね。」と越塚氏。

「スケベニンゲン」専用の白ワインをベースにしたスープパスタで、カッペリーニを使用している。口にパスタを入れた瞬間にアルコールを感じ、食べ進める度にカラダが中から温まっていくのを感じるだろう。食べきり頃には、冬の寒さも忘れられるほどカラダがポカポカになっている。大ぶりの魚介、ピーマンという具もスープとの相性がぴったりだ。



全26席。昭和レトロな雰囲気がホッと落ち着かせてくれる。
インパクト抜群の店名の由来に迫る

実は店名の『スケベニンゲン』とはオランダの地名である。創業当時のシェフがオランダを訪れた際に、この地名に出会い、ぜひお店の名前にしたいとオランダ・バーグ市長に許可をもらってこの名を付けたという。

一度聞いたら忘れられない名前は創業者のオランダの美しい港町から来ていたとは驚きである!



銀座成田屋ビルの地下1階に位置。創業当時から場所も変わっていない。

そんな老舗イタリアンレストラン『スケベニンゲン』は、創業当時からのレシピを現在も守り、変わらぬ味を提供し続けている。

70年代、洋食が日本に定着し始めた頃のどこか懐かしさを感じるパスタを味わいたいなら銀座へ足を運んでみてはいかがだろうか?