写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テレビ朝日系人気ドラマ『トリック』で生瀬勝久演じる矢部謙三を主人公にしたスピンオフ版『警部補 矢部謙三〜人工頭脳VS人工頭毛〜』が、auの動画配信サービス「ビデオパス」と「テレ朝動画」で、今春から配信されることが26日、明らかになった。

矢部は、"強きを助け弱きをくじく"性格で、刑事としての仕事をサボることに情熱を注ぐアンチヒーロー。一方で、頭部に深刻な悩みを抱え、髪に関連したキーワードには過剰に反応してしまうという悲哀に満ちた存在でもあるキャラクターだ。

今回のスピンオフ版では、そんな矢部が、持ち前の強運と周囲の勘違いを武器に、本人の知らないところで難事件を解決に導いていくというストーリー。池田鉄洋演じる電脳オタクのヒラ刑事・秋葉原人も登場する。

そして、矢部と対峙する天才科学者ディープ・マナブ役で、袴田吉彦も出演。犯罪捜査専門の人工知能を開発して、事件を次々に解決してきた矢部のライバルで、"人工頭毛"を持つ男・矢部と、"人工知能"を駆使するマナブが、「闇の行司」と呼ばれる殺人鬼の捜査で競うことになる。

矢部役を4年ぶりに演じる生瀬は「自分のキャリアの中でも、矢部は特に楽しく演じられるキャラクター」と愛着を持っており、「僕自身、終わったコンテンツだとは思っていませんでしたし、依頼さえあればいつでもやれる自信がありましたから(笑)」と、ブランクは感じていない様子。

また、「『どうしたんだ?』『アイツ大丈夫か?』と周囲をザワつかせるくらい、突き抜けたことをやりたい。進化した矢部を見てもらいたいと思っています」と意気込みを語っている。

(C)テレビ朝日・東宝