写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロックバンド・X JAPANの歴史を描くドキュメンタリー映画『WE ARE X』の日本公開日が3月3日に決定した。25日に放送されたニコニコ生放送『YOSHIKI CHANNEL』で、リーダーのYOSHIKIが発表した。

YOSHIKIは「3月3日から『We Are X』が日本で公開になります」と公開日を発表し、ロンドンでも同日公開されることも告知。さらに、本作のサウンドトラックの発売が決定したことも発表され、サウンドトラックにはX JAPAN待望の新曲「La Venus」のアコースティックverも収録され、映画公開と同日の3月3日、SONY MUSICより発売されることもアナウンスされた。

日本公開決定にあわせて日本版予告編映像も公開に。新曲「La Venus」が本作のテーマ曲として日本版オリジナルの予告編にも使用されている。また、1月28日より本作の劇場前売券が発売されることも決定し、劇場限定特典として「海外版ポスタークリアファイル」(数量限定)が付くことが発表された。

本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、X JAPANが歩んできたストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭に出品。世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。

世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきたX JAPANの熱狂と狂乱の歴史には、精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが。心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。

(C)2016 PASSION PICTURES LTD.