Appleは日本時間1月25日未明、macOS Sierra 10.12.4の最初のベータ版を公開しました。Macでも「Night Shift」モードが利用可能となっています。

macOS Sierra 10.12.4ベータで「Night Shift」モードが利用可能に

Appleは、一部のMacBook Pro (late 2016)で生じるグラフィックスの乱れを修正したmacOS Sierra 10.12.3正式版公開の翌日、macOS Sierra 10.12.4のベータ版を開発者向けに公開しました。「AirPodsを探す」機能を搭載したiOS10.3初のベータ版も同時公開されています。
 
macOS Sierra 10.12.4のベータ版で追加された「Night Shift」モードは、昨年3月に公開されたiOS9.3で利用可能となった機能で、画面上の色調を青系から暖色系に変更することで、ブルーライトを低減し、眠りの質を低下させない効果があるとされています。
 
なお、昨年7月にAppleは「Night Shift」を商標登録しており、MacやCarPlayにも導入するのではないか、と噂されていました。

オン・オフのスケジュールや色調は好みに応じて調整可能

macOS Sierra 10.12.4の「Night Shift」モードは、システム環境設定の「ディスプレイ」メニューから詳細な設定が可能で、オン・オフのスケジュールを変更できるほか、スライダーで暖色系と寒色系の色調も好みに合わせて調整可能です。
 
米メディアMacRumorsが、macOS Sierra 10.12.4のベータ版の「Night Shift」モードを操作する映像を公開しています。iOSデバイスより画面が大きいためか、表示される色調がかなり変わっている印象を受けます。
 

 
 
Source:MacRumors
(hato)