いろいろあった一年の月日。彼氏とこうしてお祝いできると思うと、涙がポロっと……。これからもずっと二人仲良くいられるように、一年記念日くらいは盛大にお祝いしちゃいましょう! そこで今回は、一年記念日に行うともっとラブラブになれる4つのことをご紹介します。


今までを「手紙」で振り返る


普段は仕事や学校で忙しくて、手紙を書いている時間さえもないでしょう。でも今日は大切な一年記念日。今までずっと支えてきてくれた彼氏にお礼を伝えるためにも、自分の気持ちを文字で表してみませんか?

彼氏にも「なにもいらないから手紙だけはほしいなぁ」と伝えておくと、もらえる可能性が高くなります。今までの一年間、ただ平坦な道を二人で走ってきたわけではないでしょう。いろいろと乗り越えてきたからこそ、せめて一年記念日くらいは、ゆっくり手紙を書く時間をつくって♡

お気に入りのカフェで、おいしいコーヒーを飲みながら、ゆっくりと手紙を書く時間は、とても幸せ。うまく文章がまとまらなくても、気持ちは必ず伝わります。

初デートの場所でデートをしてみる


彼氏と初デートした場所を覚えていますか? 水族館? 映画館? きっとあなたにも思い出の場所があるはずです。一年記念日は、初心に帰るためにも二人で初めて訪れた場所をもう一度巡ってみましょう。

一年前は緊張していて会話をするだけで精一杯。でも今は、こうしてお互いに良き理解者となり、将来を見据えてお付き合いができています。

初デートの場所は、何年たっても大切な場所。一年記念日に限らず、節目ごとに訪れられたらいいですよね♡ 定点観測のように、訪れる度に同じ場所で記念撮影をしておけば、結婚式のときに流せられるかも!


彼氏の好きなところを10個書き出す


一年記念日が過ぎ、通常の生活に戻れば、数日もたたないうちに彼氏に対してイライラしたり、ムカっとするような出来事が起きます。もうちょっと時間が経過すれば、彼の嫌な部分しか目につかない時期もあるでしょう。だからこそ、一年記念日を迎えた日くらいは、彼氏の長所について考えてみましょう。

真面目で優しい、献身的、しっかりしている……など、一つ一つ彼のいいところを書き出していくことで、改めて、心の底から彼に惚れているんだと気づけます。

時間的に余裕があるなら、かわいい便箋に書きだして「こんなところが好きです」と彼氏に伝えてあげると、より一層、すてきな一時を過ごせるかもしれません♡


将来について話し合う


お付き合いが始まって一年もたてば、ベテランカップルの領域に入ります。もしお互いに社会人として働いて、そろそろ同棲や結婚を考えてもいい時期なら、一年記念日を迎えた今日だからこそ、将来について話し合いましょう。

普段はどうしてもお互いに余裕がなくて、楽しいことだけを優先してしまいがち……。しかし、もう立派な大人である以上、そろそろ将来に向けて準備しなければいけない時期に差しかかっているのです。

ちゃんと向き合って話さないと、分からないこともたくさんあります。彼氏の意思を確認するためにも、記念日にはしっかりと話し合いましょう!

一年記念日は通過地点にすぎません


これから同棲や結婚と新たなステージへ進んでいくためにも、ささやかなお祝いをした後は、早速、将来に向けての準備をスタートさせましょう!
(山口 恵理香)